デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
最先端のAIをビジネスに生かすヒントがここに、日本有数のAI企業から知見を学ぶ
製造DXや建築DX、ドキュメントDX、スマートシティー推進などの分野で、ビジネスにAIを取り入れるに当たっては、まず何から始めればよいだろうか? そこで参考になるのが、日本有数の先進的AIサービス企業の取り組みだ。(2021/10/28)

「ハイブリッドワーク」時代のデバイス管理方法
「デバイス管理のサイロ化」という落とし穴 UEM製品を見極める7つの視点とは
テレワークとオフィスワークが混在する職場のデバイス管理において課題になりがちなのが、スマートフォンや「Windows 10」を搭載したノートPCなど多種多様なモバイルデバイスの管理だ。社内外のデバイスを一元管理する効率的な方法は。(2021/6/8)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
サーバ仮想化で性能向上&管理を簡素化、事例で学ぶストレージ刷新の新機軸とは
仮想化されていないサーバ環境の諸課題を解消すべく、ストレージ刷新に取り組んだABC Photosigns。高解像度画像で構成されるデータセットの保護/活用と、プライマリー/セカンダリー両方での利用を見込み、選ばれた製品の実力とは?(2021/8/2)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
レスポンス遅延が頻発、室蘭市はシンクライアントの課題をどう解決した?
小中学校20校にPC教室を展開し、約800台の端末全てをシンクライアント化してきた北海道室蘭市。だがVDI方式を採用したことでサーバ負荷が増大し、起動時間の長期化やレスポンスの遅延が頻発していた。この課題を解決した方法とは?(2021/8/2)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
データセンターを収入源に変革、IT部門のアイデア活用を促進する次世代インフラ
アプリケーションの機能や管理次第で組織の利益が左右される今、IT部門にはビジネスのコア部分をサポートし、アイデアを利益にするという役割が求められている。そうした中で必要になる考え方と、それを実現するためのインフラ技術とは?(2021/8/2)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
AIとコンテナ技術で研究開発を迅速化、大同特殊鋼を支えるプラットフォーム
素材開発分野でマテリアルズインフォマティクスが注目されている。高機能化の要求が高まる中、メーカーとしては研究開発プロセスの迅速化や検査精度の強化が重要なテーマとなる。本資料で紹介する取り組み事例が参考になるだろう。(2021/8/2)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
クラウド時代に最適なSASEソリューション、ユーザー調査で見えたその価値
クラウド移行が進み、リモートワークが急速に普及する中、組織はポイントソリューションの拡張性やアクセスの安全性に懸念を抱いている。そこで注目される、あるSASEソリューションについて、ユーザーへの調査からその価値を探った。(2021/6/11)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
IDC調査レポートで見えた、現代の企業に最適な「ITインフラ」の形
企業を取り巻く環境が急速に変化し、デジタルトランスフォーメーションが加速する昨今。それに伴い、企業のITインフラへのニーズも変化し始めている。IDCの調査結果をもとに、現代の企業に最適なITインフラの形を明らかにする。(2021/8/2)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
DevOpsからインフラまで、クラウドネイティブアプリの実現に不可欠な4つの指針
クラウドネイティブの登場は、アプリケーション開発サイクルを迅速化した一方、アプリケーションとソフトウェアプラットフォームの展開/管理方法を大きく変えた。その中で考慮すべき4つの指針について、課題解決プロセスを基に解説する。(2021/8/2)

株式会社大塚商会提供ホワイトペーパー
テレワークの実施で見えてきた、業務・心理面における20の課題と解決策
新型コロナウイルスの影響により、一気に普及したテレワーク。実際にテレワークを実施して見えてきた、業務・心理面における20の課題をピックアップし、それらの解決策を詳しく解説する。(2021/5/19)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
WAN環境の課題を一挙に改善できるSD-WAN、導入企業に実際のメリットを聞いた
複数の拠点を抱える企業にとって、WANの帯域幅不足やコスト増は大きな問題だ。その解決策として期待されるSD-WANは、どれほどの効果があるのだろうか。導入企業を調査したところ、問題解決にとどまらないメリットが見えてきた。(2021/4/19)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
SD-WAN運用の注意点、一貫したセキュリティを実現するための4つのポイント
エンタープライズWANが拡大するのに伴い、トラフィック急増に伴う遅延やコスト増が課題となっている。これを解消するとみられるのが「SD-WAN」だが、その運用においてはセキュリティが軽視される傾向にあるという。(2021/4/19)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
1ソケット当たり最大64コア、KDDIウェブに学ぶ高性能CPU搭載サーバ活用の秘訣
優れたコストパフォーマンスや安定性で注目される、第2世代AMD EPYCプロセッサ搭載の最新サーバ。これを採用し、レンタルサーバ事業の提供価格を変えず高品質化したKDDIウェブコミュニケーションズの事例をもとに、その実力を探る。(2021/8/2)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
J:COMも実践、ハイブリッド時代の仮想化基盤に適したインフラ選択のポイントは
インフラの性能や信頼性、拡張性の向上と、業務/市場の変化に柔軟に対応できる環境を目指し、仮想化基盤の再構築に取り組んだJ:COM。ハイブリッドクラウドへの発展も見据えた同社は、どのようなインフラを選択したのか。(2021/8/2)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
クラウド上に散在するワークロード、一貫したデータ保護をどう実現するか
データ駆動型組織への変革を図る企業にとって、インフラ刷新は喫緊の課題といえる。中でも重要視されているのが、多様なクラウド環境に分散するワークロードや、コンテナベースのアプリケーションに対応するデータ保護プラットフォームだ。(2021/4/13)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
ハイブリッドクラウドに一貫性と安全を、調査で見えた統合管理の重要性とは?
中堅企業の間でハイブリッドクラウドの採用が増える一方、クラウド戦略やセキュリティへの配慮が不足し、メリットを十分に享受できていないケースは少なくない。この課題を解消するとみられるのが、単一ツールによる統合管理だ。(2021/4/13)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
コストをかけても向上しない従業員体験、セキュリティインフラ整備の勘所とは
セキュリティインフラの整備は、増加するリスクからビジネスを保護するために不可欠な取り組みだ。だが、テクノロジーだけにコストをかけても従業員体験を向上させることは難しく、リスク管理とどうバランスを取るかが問われている。(2021/4/13)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
DX推進の中核はサーバ、企業調査から見えてきたオンプレミス投資の要点とは
DXの推進はあらゆる企業にとって最重要課題であり、その中核となるサーバインフラに求められる要件は厳しさを増している。そのため多くの組織で投資意欲が高まりつつあるが、どのような点に注意すればよいのか。(2021/4/13)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
IDCの調査で見えたCI/HCIの実力、コストやアプリの性能に与える影響とは?
IT変革の阻害要因の1つである、サイロ化したデータセンターインフラ。これを改善する方法として注目されるのが、コンバージドインフラ(CI)とハイパーコンバージドインフラ(HCI)の導入だ。IDCの調査結果を基に、効果の実態を探る。(2021/4/13)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
レガシーSD-WANに現代ニーズとの明らかなギャップ、次世代化の基準は何?
COVID-19の流行拡大によりSD-WANへの関心の高まりに一層拍車が掛かることとなった。ただ、SD-WAN自体は利用され始めて10年近くが経過しており、現在のニーズとのギャップも生じている。その解消につながる次世代SD-WANの要件とは何か。(2021/4/19)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
DX推進の鍵となるストレージインフラのモダン化、重視すべき機能とは?
DXの達成に向けてハイブリッドクラウド化を進めるなど、多くの組織が既存ITインフラのモダン化に取り組んでいる。その次のステップとなるストレージインフラの刷新を検討するに当たっては、どんな機能を重視すべきだろうか。(2021/4/9)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
管理ツールは“3つ”まで? 調査で見えたハイブリッドクラウド管理の最適解
Amazon Web Services(AWS)やHCIを採用したハイブリッドクラウドが普及する一方、複雑な環境をどう管理するかが課題となっている。調査結果を基に、管理ツールに期待すべきことや、クラウド管理の合理化による効果などを解説する。(2021/4/9)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
機能追加も拡張性向上も容易に、アプリ開発をモダナイズする正しい方法とは?
アプリケーション開発において、迅速な対応とイノベーション、拡張性向上と変更への耐性、リスク低減と生産性向上は長年の課題だった。これらを解消し得る、モダンアプリケーションのアプローチについて、メリットと導入の秘訣を解説する。(2021/4/9)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
中堅企業でも進むハイブリッドクラウド化、ワークロード配置の最適化が焦点に
市場変化の影響を受けやすい中堅企業は、設備投資に慎重ならざるを得ない。ハイブリッドクラウド化の流れの中で、何を判断基準としてモダナイゼーションに取り組んでいるのだろうか。IT責任者900人の調査からトレンドを明らかにする。(2021/4/9)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
中規模企業に押し寄せた従業員エクスペリエンスの波、何から取り組めばよい?
デジタルエクスペリエンスの向上は生産性から人材確保まで、幅広い恩恵をもたらす。それだけに大企業ほどリソースのない中規模企業にとって、確実に成功を期したい取り組みだ。各社が何を課題に感じ、どう取り組んでいるのかを調査した。(2021/4/9)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
vSphere環境との統合で何が変わる? 定番ストレージで見るメリットと実現法
アプリケーションの仮想化が進む今、データセンターのコンポーネントにも進化が求められている。そこで定番ストレージ製品が備える仮想化機能とともに、多数のユーザーを抱えるVMware vSphere環境との統合のコツやメリットを解説する。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
シームレスな自動化機能を搭載、次世代ストレージ製品を最大限に活用する方法
高いパフォーマンスとシームレスな自動化機能を提供する、ミッドレンジ/ハイエンド向け次世代ストレージ製品が注目されている。せっかく高度なストレージを導入するのだから、ベストプラクティスを把握してメリットを最大化しよう。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
狙い目はミッドレンジか、コンテナや機械学習の採用で変わるストレージの常識
ストレージ要件の高度化を受けて、ニーズが高まっているのがミッドレンジ向けのアプライアンスだ。コンテナベースのアーキテクチャや統合型の機械学習などが採用され始め、従来にないメリットを提供できるようになった。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
ミッションクリティカルな本番データの保存、安全かつ効果的に行う秘訣とは?
クリティカルな本番データの保存には、一長一短があるスナップショット。とはいえ、仮想マシンを含む多様なデータを保護し、一貫性のあるデータ保護環境を構成できる魅力は捨てがたい。スナップショットを軸とした保護方法を考えてみよう。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
データ欠損リスクを最小化、最新ストレージのクラスタリング/高可用性の秘密
ビジネスでのデータの重要性が増す一方、そのデータへ常時アクセスできる環境を整備することは簡単ではない。その解決策となり得る次世代ストレージについて、クラスタリング機能と、ハード/ソフトの高可用性機能の仕組みを探る。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
ストレージ性能を最大化、外部vSphereホスト統合を成功させる設定のポイント
外部vSphereホストとストレージを併用する際、接続したホストのほとんどの設定はデフォルト値でもよいが、安定性やパフォーマンスのためには変更したほうがよい項目もある。次世代ストレージのPowerStoreをベースに、その要点を紹介する。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
災害や障害でも止まらないデータ環境へ――DR対策の理想を現実にするストレージ
データ主導ビジネスの推進に向けて不可欠なのが、災害や障害の発生時もデータ損失を防ぎ、迅速に復旧できる「継続的な可用性」だ。その鍵となるストレージに、いま必要なものは何か。DR対策の理想である、RPO/RTOゼロの実現方法を探る。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
DX推進に欠かせないハイブリッド環境、他企業はどんなストレージを選んでいる?
クラウド環境を利用する国内企業は今や半数近くに達し、移行スピードは早まるばかりだ。多くの企業が目指すのがハイブリッドクラウド環境だが、ストレージが弱点になりやすい。他社はどんな要件で製品選定を進めているのか。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
絶対に止めたくないアプリ環境に、ゼロタウンタイムを実現するストレージの条件
クリティカルなアプリケーション環境には、高い可用性とゼロダウンタイムを実現するストレージが求められる。その指標とされるのが99.99%といった9の数の羅列だが、実はそれだけでは“永続的な可用性”という目標には到達できない。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
データ移行の4フェーズで解説、「PowerStore」のメリットを最大化する技術とは
データ移行の円滑さで注目される、ミッドレンジ向け次世代ストレージアプライアンス「Dell EMC PowerStore」。このメリットを最大化するネイティブ機能や関連ツールについて、4つの移行フェーズに分けて詳しく解説する。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
DR対策に欠かせないデータレプリケーション、管理の複雑さはどう解消する?
データ保護においてシステム継続の重要性が高まる中、不可欠になっているのがデータのレプリケーションだ。だが、ただでさえ多様化しているIT環境にこの要素が加われば、管理はさらに困難になる。この課題を解決するストレージとは?(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
複数形式のストレージを容易に制御、“データ中心”の次世代オールフラッシュ
ストレージにも“データ中心”設計が求められる今、最適解ともいえるオールフラッシュ製品が登場した。ブロックストレージからVVolsストレージまでを単一アーキテクチャでサポートする他、AIや自動化で運用も合理化するその実力とは?(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
拡張を続けるだけではTCOが増大、オンプレコストを抑えるストレージはどう選ぶ
クラウドに移行できないデータをオンプレミスに配置するに当たり、データの肥大化に合わせてストレージを拡張していてはTCOの増大は避けられない。コストを最小化するためには、データ効率に優れたストレージを選定する必要がある。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
管理者が楽になるストレージ選定のポイント、管理インタフェースの注意点とは
IT製品の最優先事項は、何よりシンプルさと使いやすさだ。ストレージでいえば、そのスペックはもちろん、一般的なIT管理者にも使いやすい管理インタフェースの有無が重要になる。定番ストレージは、このニーズにどう対応しているのか。(2021/4/8)

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社提供ホワイトペーパー:
DRのクラウド対応も重複排除も1台で完結、中小企業やROBOに最適なデータ保護術
データの増加やアプリケーションの多様化により、データ保護の要件はますます高度化し、特に中小企業や、大企業のリモートオフィス/ブランチオフィス(ROBO)で、コストや運用面での課題が顕在化している。これを一挙に解消する製品とは?(2021/4/1)

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社提供ホワイトペーパー:
DR対策と長期保存の課題を解消、「クラウド対応データ保護」の最適解とは?
DR/BCP対策やデータ長期保存の重要性が高まったことで、クラウドにデータ保護環境を拡張したいと考える企業が増えているが、その実践においても課題は伴う。拡張性やコスト効率に優れたクラウド対応データ保護はどうすれば実現できるのか?(2021/4/1)

株式会社日本HP、株式会社システナ提供ホワイトペーパー:
PC運用からMicrosoft Teamsの全社展開まで、テレワークの8大課題と解決策とは?
テレワークが急速に普及する一方で、クラウドサービスやPCの運用に悩みを抱える企業が増えている。生産性の維持やセキュリティ対策、管理/サポートの課題を解決するにはどうすればよいのか、8つの解決策を紹介する。(2021/3/19)

PTC ジャパン株式会社提供|Onshape に関するホワイトペーパー
コロナ下で製品開発はどう変わるべき? 調査で見えた改善の5つのヒントとは
新型コロナウイルスは製造業にも多くの影響をもたらし、製品開発およびハードウェア設計の現場は今、変革の時期を迎えている。約1000人への調査結果を基に、生産性向上とイノベーションを実現するための5つのヒントを解説する。(2021/3/8)

PTC ジャパン株式会社提供|Onshape に関するホワイトペーパー
リモートワーク移行で浮き彫りになった、レガシーなCADシステムが抱える課題
新型コロナウイルスの影響は、製造業における製品開発からリリースに至るプロセスにも及んでいる。企業には、ニューノーマル時代の新たな働き方に順応しつつ、製品のイノベーションを推進するための取り組みが求められている。(2021/3/8)

PTC ジャパン株式会社提供|Onshape に関するホワイトペーパー
手作業のデータ管理に潜むリスク、自動化が進む製品設計でPDMが果たす役割とは
3D CADの浸透により、製品設計と製造プロセスの自動化が進んだ一方、生成される膨大なデータの管理を、いまだに手作業で行う企業も少なくない。データ管理の負荷から従業員を解放し、その活用を促進するためのベストプラクティスを探る。(2021/3/8)

PTC ジャパン株式会社提供|Onshape に関するホワイトペーパー
製品開発のDXはクラウドから、SaaSプラットフォームに求めるべき「4つの要件」
DX戦略は、製品開発分野でも推進する必要がある。多くの開発現場ではデータがサイロ化され、コラボレーションの課題となっている。製品開発のツールを、クラウドネイティブなアプリケーションに移行することが求められているのだ。(2021/3/8)

「AWS Certification」の受かり方【後編】
「AWS認定クラウドプラクティショナー」に合格するための“7つのステップ”
AWS認定資格「AWS Certification」を取得するには、試験に向けた入念な準備が必要だ。最も基本的な資格「AWS認定クラウドプラクティショナー」を例に取り、試験対策から試験当日までの7つのステップを説明する。(2021/3/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
リソース割り当ての自動化で生産性向上、Kubernetes向けインフラの最適解とは?
コンテナやKubernetesが注目される一方、ニーズの多様化に伴い、インフラ選定の難度は増している。そこで注目されるのが、導入の加速、自動化されたリソース割り当て、ハイブリッド環境での一貫性のある運用を実現するソリューションだ。(2021/3/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
HCIの新たな可能性、ハイブリッドクラウドを最もシンプルに実現する方法とは?
近年、多くの企業がハイブリッドクラウドへの移行を進めているが、IT変革を成し遂げるためには、単なるHCI導入だけでは不十分となる。その真のメリットを引き出し、完全なターンキーハイブリッドクラウド体験を実現する方法とは?(2021/3/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
増加するサイバー攻撃に対抗、レジリエンシーを高める3つのポイントとは
近年サイバー攻撃の目的がデータの窃盗から破壊/捕縛といった高度なものにシフトしつつあり、実際の被害も増加傾向にある。それらの攻撃からデータを守るためには、バックアップデータも含めた包括的なデータ復旧の仕組みが必要だ。(2021/3/2)