2006年09月20日 13時27分 公開
特集/連載

Columnブランディング戦略における武器としてのブロードバンド

現在、中堅企業の間では、意外な武器を駆使してブランディングとその実践を進める動きが広がっている。その武器とは、先進的な通信技術だ。

[Cathy Hotka,TechTarget]

 成長中の企業は皆、強力なブランドアイデンティティを懸命に模索している。企業のアイデンティティは企業文化に浸透させる必要があり、競合他社に対する差別化を可能にするものでなければならない。また、遠い国や地域での拠点を通じてブランドを展開する場合でも、通用するものでなければならない。

 今日の激しい競争環境では、一貫したブランド体験の提供を実践することが肝要だ。ティーン向けのファッションストアは、どの店舗でも統一された最新トレンドを提供しようとする。また、そうした実践により、マクドナルドのビッグマックは全米50州どこでも同じ味が保たれている。

 現在、中堅企業の間では、意外な武器を駆使してブランディングとその実践を進める動きが広がっている。その武器とは、先進的な通信技術だ。そうした企業はMPLS(Multiprotocol Label Switching)ネットワークを導入し、世界中に分散した拠点を結んでいる。ヴァージンエンターテインメントではMPLSネットワークにより、ネットワーク負荷にかかわらず、顧客が曲を聴いたり、スタッフが社内ネットワーク経由で途切れなく通話したりできるようにしている。

 以前はダイヤルアップサービスに頼っていた、財布のひもが固い小売業者も、ブロードバンドやMPLSを採用するようになってきている。ある小売業者は、店舗の棚札をすべて電子的なものに置き換えることを計画しており、無線通信や音楽、音声通信、リアルタイム在庫管理などの用途も含めたネットワーク負荷の大きさから、MPLSが必要になる見込みだ。MPLSネットワークは、初期コストを正当化することが導入のハードルとなるが、ブランドの完全性を向上させる幾つかのメリットを提供する。例えば、音声通話コストの削減、マルチメディア機能(Webへの接続に利用できるキオスク)や、営業担当者が顧客情報に自在にアクセスして業務に役立てられることなどだ。

 MPLSによって得られるこうしたメリットを具体的に見ていこう。

ITmedia マーケティング新着記事

news132.jpg

東京オリンピック・パラリンピック延期でサービス業の約40%が業績悪化を懸念――リスクモンスター調査
東京オリンピック・パラリンピックの延期によって自社の業績が変化すると考えているのは...

news034.jpg

Cookie利用規制が今必要な理由を整理する
個人情報保護の観点から、広告・マーケティングにおけるCookieの利用をはじめとしたデー...

news150.jpg

地銀カードローンのWebサイトに6つの勝ちパターン、64行ランキングトップは百五銀行――WACUL調査
WACULテクノロジー&マーケティングラボは3万サイトのデータをベースに作った評価基準を...