2007年03月20日 05時00分 公開
特集/連載

問題解決に役立つ専門家仲間のネットワークColumn

迷ったときや特定の技術について情報が欲しいとき、頼りになるのが専門家仲間のネットワーク。それをどう築き、利用するかをアドバイス。

[Niel Nickolaisen,TechTarget]

 ITに真理はあるのだろうか。真理というのはつまり、それが必ず正しいと言える手法、プロセス、技術ということだが、そういうものは存在するのだろうか。ポートフォリオ管理導入のための最善の方策について助言を求められた時以来、わたしはそのことについてずっと考えてきた。アドバイスした後に、わたしの見方はわたしの見方でしかないと悟った。ポートフォリオ管理に対するわたしのアプローチは、状況によって異なる。これはITに関する自分の行動の多くに言えることだ。変更管理を実施する正しいやり方は1つしかないのだろうか。ソフト開発やプロジェクト管理はどうだろう。

 ITにおける唯一の真理は多分、われわれは不確かな漠然とした環境でそれを運営しているということだろう。では実績をどうやって測ればいいのか。自分の手法やツールが最新のものなのか、それとも重大な欠陥があるのかは、どうやって判断すればいいのだろう。

ネットワークを築く

 こうした疑問への答えを見つける最善の方法は、IT管理職仲間のネットワーク(わたしは「ナード・ネットワーク」と呼んでいる)を築いて利用することだ。何かのやり方で迷ったとき、特定の技術について情報が欲しいとき、ベンダーと取引をするための知恵が欲しいとき、私はナード・ネットワークに接触して答えを待つ。

 例えば数週間前、仕事仲間の1人がコールセンターで顧客からかかってくる電話の録音を始めたいと考えた。コールセンターのオペレーターの研さんと実績向上の一助になると思ったからだ。わたしは電話録音技術について経験がなかったので、ネットワークの仲間に電子メールを送り、顧客の電話録音にどんなツールを使っているか尋ねた。2時間もしないうちに5種類のツールについて、利点と欠点のまとめ付きで情報が寄せられた。この助けを借りてわたしはチェックすべきツールのリストを作成した。わたしがこれほど電話録音ソフトに精通していて、わずか数時間で有望な技術を利点・欠点まで付けてリストアップできたことに、仕事仲間は目を見張った。わたしはまるで天才だった。

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...