2007年04月18日 05時00分 公開
特集/連載

無償Wi-Fiでデジタルデバイド解消を目指す大都市のCIOたちColumn

米サンフランシスコやシカゴでは、市が企業と提携し、無料Wi-Fi網の敷設によるデジタルデバイドの解消や産業の活性化を図っている。

[Shamus McGillicuddy,TechTarget]

 地方自治体のCIOの場合、ワイヤレスインフラの配備に際しては数多くの技術的パズルと政治的争いを解決しなければならない。市長の理想主義的な政策を現実にするための方法を見つける必要もある。

 サンフランシスコ市のクリス・ベインCIOによると、ガビン・ニューサム市長は「デジタルデバイド」を解消するために全市的な無償Wi-Fiネットワークを配備するという目標を設定した。

 ベイン氏は「サンフランシスコには全米で最も裕福かつ有力な人々が住んでいる一方で、最も貧しい人々もいる。当市には驚くようなデジタルデバイドが存在する。コンピュータやブロードバンドにアクセスできない人々が20万人もいるのだ」と述べた。

 ベイン氏によると、ニューサム市長が考えているのは、無償Wi-Fiを市内全域に配備することだけではないという。同市のすべての住民が、Wi-Fiサービスを利用するための基本的な能力と手段を手にすることを市長は望んでいるのだ。

 「インターネットにアクセスする環境があっても、そのために必要なPCやゲームボーイなどのデバイスがなければ、何の役にも立たない。また、これまでインターネットやオンライン検索を利用したことのない人にとっては、検索を行って膨大な数のヒットが表示されると、わけが分からなくなってしまうだろう」と同氏は語る。

 ベイン氏によると、市では、恵まれない人々がインターネットを利用して銀行口座を開いたり、仕事を探したり、重要な情報を見つけたりするのを支援したいと考えている。さらにニューサム市長は、トレーニング、教育、サポートなどの提供も望んでいるという。

 こういった手厚い施策を実施するためには、市はWi-Fiインフラから収益を確保する必要があった。これは、無料と有料のサービスを提供し、インフラ提供企業と共同で事業を進めることを意味した。

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...