2007年01月16日 07時00分 UPDATE
特集/連載

Columnワイヤレスをめぐる5つの神話に惑わされてはいけない

ワイヤレスLANは脆弱でサポートが面倒というのは、本当だろうか。ワイヤレスネットワークに関する限り、不安をかき立てている最大の要因は知識不足のようだ。

[Andrew R. Hickey,TechTarget]

 この数年間、ワイヤレスLANは、セキュリティが弱いだの、不必要だの、コストが高いだの、サポートするのが難しいだの、ありとあらゆる批判を受けてきた。読者もこういった批判を耳にしたことがあるはずだ。

 多くの人々はしばらくの間、それが本当だと信じてきた。いや、今だってそう思っている人がいる。

 しかしシスコやフォレスターリサーチ、インテルでは、ワイヤレスにまつわるこういった不安を払拭したいと考えている。これら業界リーダー3社は最近、ワイヤレスに関する5大神話を取り上げたリポートを発表し、同技術にまつわる多くの懸念に終止符を打つとともに、「ワイヤレス化しても大丈夫」な新時代の幕開けを告げた。

 これらの神話とは、

  • ワイヤレスネットワークは有線ネットワークと比べてメリットが少ない
  • ワイヤレスネットワークはセキュアでない
  • ワイヤレスネットワークは配備とサポートが難しい
  • ワイヤレスネットワーク技術は未成熟である
  • ワイヤレスはデータのモバイル化以外にビジネス価値がない

というものである。

 シスコのマーケティングディレクター、ベン・ギブソン氏によると、このような認識は正しくないという。多くの米国企業は認識を改め始めているが、今でもこういった誤解を抱いている人は非常に多い。

ITmedia マーケティング新着記事