マクニカネットワークス、10Gビットイーサネット対応のIP-SANストレージを発売NEWS

マクニカネットワークスが、米イントランザ社製10Gビットイーサネット対応IP-SANストレージ「Intransa PCU100」の販売を開始した。

2007年05月11日 17時58分 公開
[TechTarget]

 マクニカネットワークスは5月10日、米イントランザ社製10Gビットイーサネット対応IP-SANストレージ「Intransa PCU100」の販売を開始したと発表した。2U 19インチラックマウントデザインのIP-SANストレージである本製品は、単一システムで4Tバイト(テラバイト)から1Pバイト(ペタバイト)までをサポート。また、単体で750Mbpsのスループットと40万IO/sのIO性能を発揮し、4台までのPCU100がActive-Activeのクラスタとして動作する。これにより、ファイバチャネルプロトコルを越えるパフォーマンスがイーサネットとiSCSIで実現できるという。

 ファイバチャネルよりスイッチのポート単価が安価であることや、管理者にとって既知であるTCP/IPベースの環境を使えることで、TCOの削減と信頼性の向上を同時に実現できるとしている。また、管理用の仮想化ソフトウェアや、リモートレプリケーションソフトウェアといった、スタンダードなiSCSIのインターコネクションに適したStorStacソフトウェアも提供される。

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...