F5ネットワークスとマイクロソフト、ネットワーク監視で協業NEWS

F5ネットワークスとマイクロソフトが、OEM契約締結により包括的なネットワーク監視における協業を開始した。F5の新製品に「Microsoft System Center Operations Manager 2007」を組み込み、OEM向けに提供する。

2007年05月29日 17時07分 公開
[TechTarget]

 F5ネットワークスとマイクロソフトは5月29日、日本国内での包括的なネットワーク監視における協業を開始したと発表した。これは、米F5 Networksと米Microsoftが3月13日に締結したOEM契約の発表を受けたもの。これにより、マイクロソフトの包括的なサービス監視ソリューション「Microsoft System Center Operations Manager 2007」を、F5ネットワークスの管理アプライアンス「ControlPoint」に組み込み、OEM向けに提供する。2007年度内の出荷を予定している。

 ControlPointは、複雑で膨大なパフォーマンスデータを視覚的に確認できる情報として処理するため、キャパシティプランニングの改善や、ネットワークイベントへの自動対処、問題への迅速な診断などを実現。また、コマンドラインシェルと「Windows PowerShell」によるスクリプト言語を利用することで、「iControl」のインタフェースからF5のデバイス上で共有タスクを自動化できる。

 Microsoft System Center Operations Manager 2007は、マイクロソフトの統合運用管理ソリューション「System Center」製品群の中心となる製品。企業のIT環境のイベントとパフォーマンスカウンタやネッワークデバイス、サーバ、クライアントPCの稼働状態を常に監視することで障害を未然に防ぎ、復旧からの支援を行う。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、さらにITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。