キー・ポイント、Adobe AIRを使用したファイル保管システムを開発NEWS

セキュアなファイル保管システム「Web私書箱」を開発、11月30日よりβ版運用サービスを提供開始。保存データのアクセスにはUSBメモリ鍵とパスワードによる二重ロック解除が必要なため、不正アクセスによるデータの流出も軽減

2007年11月21日 19時26分 公開
[TechTarget]

 キー・ポイントは11月21日、Adobe AIRによるファイル保管システム「Web私書箱」を開発し、11月30日よりβ版運用サービスを提供開始すると発表した。

 本サービスは、デスクトップからドラッグ&ドロップでファイルを保管することができるAdobe AIRアプリケーション。保存されたファイルはメディアで持ち運んだりメールに添付することなく、再度Web私書箱にアクセスして遠隔編集することができる。

 本サービスを活用することで、ファイルを保存したメディアの紛失・盗難による個人情報の流出や、自宅PCのファイル共有ソフトからの情報流出を防ぐことができるとしている。なお、Web私書箱に保存されたデータにアクセスするには、USBメモリ鍵とパスワードによる二重ロック解除が必要なため、不正アクセスによるデータの流出も軽減するセキュアなシステムとなっている。

ITmedia マーケティング新着記事

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...