2007年11月21日 19時26分 公開
ニュース

キー・ポイント、Adobe AIRを使用したファイル保管システムを開発NEWS

セキュアなファイル保管システム「Web私書箱」を開発、11月30日よりβ版運用サービスを提供開始。保存データのアクセスにはUSBメモリ鍵とパスワードによる二重ロック解除が必要なため、不正アクセスによるデータの流出も軽減

[TechTarget]

 キー・ポイントは11月21日、Adobe AIRによるファイル保管システム「Web私書箱」を開発し、11月30日よりβ版運用サービスを提供開始すると発表した。

 本サービスは、デスクトップからドラッグ&ドロップでファイルを保管することができるAdobe AIRアプリケーション。保存されたファイルはメディアで持ち運んだりメールに添付することなく、再度Web私書箱にアクセスして遠隔編集することができる。

 本サービスを活用することで、ファイルを保存したメディアの紛失・盗難による個人情報の流出や、自宅PCのファイル共有ソフトからの情報流出を防ぐことができるとしている。なお、Web私書箱に保存されたデータにアクセスするには、USBメモリ鍵とパスワードによる二重ロック解除が必要なため、不正アクセスによるデータの流出も軽減するセキュアなシステムとなっている。

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...