2007年12月05日 18時15分 公開
ニュース

OKI、クアッドコア インテル Xeonプロセッサを搭載したエントリーサーバ2機種を発売NEWS

「if Serverシリーズ」のエントリークラスに、タワー型の「if Server ML310 G5」とラックマウント型の「if Server DL320 G5p」を追加

[TechTarget]

 沖電気工業(OKI)は12月5日、「if Serverシリーズ」エントリークラスのラインアップに「クアッドコア インテル Xeonプロセッサ」を搭載した新製品2機種を加え、同日より発売を開始した。新製品はタワー型サーバ「if Server ML310 G5」と1Uラックマウント型サーバ「if Server DL320 G5p」で、ともに出荷は12月中旬を予定している。

 従来機種「if Server ML310 G4」の機能を引き継いだif Server ML310 G5は、冗長化電源を装備し、連続稼働が求められる環境での信頼性を向上させたという。標準でリモート管理機能「iLO2」を搭載しており、遠隔地からの電源オン/オフやサーバ監視などが可能なため、部門サーバや支店のサーバなどの用途に最適としている。価格は10万9200円から。

 if Server DL320 G5pは、1Uサイズでありながら最大4基の3.5インチSAS HDDを内蔵可能。また、if Server ML310 G5と同様の管理機能を活用できるため、データセンターで使用されるWebサーバなどの用途に最適としている。価格は9万4500円から。

 なお、if Serverシリーズでは、サーバやネットワーク機器を監視する「DressUP Cockpit」やサーバの構成状態を診断する「DressUP Analyzer EX」を別途用意。これらの活用により、ユーザーは障害の早期発見/対処、問題個所の予兆検出が可能になるとしている。

関連ホワイトペーパー

サーバ | Intel(インテル) | クアッドコア | Xeon


ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...

news059.jpg

三井住友海上が代理店サポートにAI活用 B2B2Cモデルで顧客体験価値向上のためにできること
三井住友海上がAIとデータアナリティクスで実現した代理店サポートのためのシステムを構...

news019.jpg

スマートスピーカーが生み出す新たな顧客体験
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...