2008年03月14日 05時26分 公開
特集/連載

「ICタグ義務付け」でRFID推進の先手を取ったWal-Mart付いていないパレットは1台当たり2ドル徴収

小売りの世界最大手であるWal-MartがサプライヤーにRFIDを義務付けたことで、企業は大量の商品に無線タグを付ける必要が生じ、結果的にID自動化に動く可能性がある。

[Linda Tucci,TechTarget]

 米Wal-Mart Storesは1月、RFID(Radio Frequency IDentification)推進の言葉通り、傘下の会員制ディスカウントストアSam's Clubのサプライヤーに対し、2008年1月31日付でパレット(荷積台)への無線ICタグ取り付けを義務付けた。ICタグがない場合はパレット1台当たり2ドルを徴収する。Wal-Martはケースや商品への無線ICタグ取り付けについても意欲的なスケジュールを設定している。

 米AMR Researchの調査担当副社長、ジョン・フォンタネラ氏は「こうなることは誰もが分かっていた」と話す。Wal-Martは2005年からRFIDの宣伝に乗り出し、Sam's Clubのサプライヤーに対しては昨秋からRFIDについて説明を始めていた。

 義務化がWal-Martの店舗ではなく、Sam's Clubのテキサス配送センターで始まったことを意外であると受け止める向きもあったが、この戦略は理にかなっているとフォンタネラ氏は言う。700のチェーン店を持つSam's Clubのサプライヤーの約60%は、それよりはるかに数が多いWal-Martのチェーン店とも取引がある。

 「Wal-MartがRFID戦略順守を促すためにSam's Clubを代理として使い、すぐに同種の手数料と罰金をWal-Martのサプライヤーに科してもまったく不思議はない」とフォンタネラ氏。

 Wal-Martのサプライヤーがこの巨大チェーンと取引する対価として、命令に従うのは確実だ。

関連ホワイトペーパー

RFID | ICタグ | 認証


ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。

news137.jpg

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

news143.jpg

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...