SaaS競争をオンプレミスに持ち込むGoogleのアプライアンスオンデマンドからオンプレミスへ?

Googleのエンタープライズアプライアンスは、Microsoft対Googleの戦いをMicrosoftの縄張りであるオンプレミスに持ち込むことになりそうだ。

2008年07月09日 08時00分 公開
[Colin Steele,TechTarget]

 「Microsoft Exchange Server」およびIBMの「Lotus Domino」と競合する可能性があるGoogleのエンタープライズアプライアンスが開発中のようだ。

 これまでMicrosoft対Googleの戦いの焦点は、SaaS(Software as a Service)とWebベースのアプリケーションへのシフトだった。しかしGoogleのエンタープライズアプライアンスは、この戦いをオンプレミス(自社運用型)に持ち込むことになりそうだ。そこはMicrosoftとIBMの縄張りであり、VAR(付加価値リセラー)とSI(システムインテグレーター)にとってはサービスを提供するチャンスが最も大きい分野でもある。

 Forrester Researchの主席アナリスト、ロブ・コプロウィッツ氏によると、Googleのエンタープライズアプライアンスの狙いは理にかなっているという。大企業や大規模組織が一夜にして、オンプレミス型ソフトウェアからSaaSに移行することはあり得ないからだ。

 「変化はゆっくりと訪れる」とコプロウィッツ氏は話す。「相手は大規模でミッションクリティカルなシステムなのだ。たとえ機が熟しているとしても──実際にはそうではないが──そして企業側の準備が既に整っているとしても、移行には時間がかかるだろう。このため、短期的にも長期的にもGoogleには企業に対して影響力を拡大するチャンスがある」

 IBM Lotus部門のパートナー、PSC GroupでLotusソリューションを担当するアレクサンドル・カサボフ副社長によると、Googleのエンタープライズアプライアンスの成否は、その機能に掛かっているという。「Google Sitesのようなコラボレーションソフトウェアを提供するアプライアンスは、単なるメールサーバよりも顧客に訴求するだろう」と同氏は語る。

ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

Netflixの広告付きプランが会員数34%増 成長ドライバーになるための次のステップは?
Netflixはストリーミング戦略を進化させる一方、2022年に広告付きプランを立ち上げた広告...

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...