2008年08月20日 18時51分 公開
ニュース

サン、BPMやサービス連携の機能を網羅したSOA基盤製品の最新版NEWS

オープンソースを基盤とし、BPM、ESB、MDM機能を備えたSun Java CAPS 6の国内販売を開始。サブスクリプション型料金体系で提供し、従業員1人当たり年間1万3920円から利用できる。

[TechTargetジャパン]

 サン・マイクロシステムズは8月20日、SOA(サービス指向アーキテクチャ)のための基盤となる製品の最新版「Sun Java Composite Application Platform Suite 6」(以下、Sun Java CAPS 6)の国内販売を開始した。

 Sun Java CAPS 6 は、オープンソースを基盤とし、BPM(Business Process Managemen)やESB(Enterprise Service Bus)、MDM(Master Data Management)などの機能を備え、本格的かつ実用的なSOAでの開発・運用環境を実現する。

画像 BPMモデリングツール画面《クリックで拡大》

 また、豊富な外部システム連携アダプターを備えており、ERPパッケージやデータベース、Webサービスなど、インタフェース定義があるものに対してはGUIでの設定だけで実装できる。一方、C/C++、Visual Basic、COBOLなどのAPIも備えており、汎用機や独自開発したシステムとの連携も可能。また、SWIFTやHL7、UN/EDIFACTなどの国際標準フォーマットに対応するライブラリの利用により、短期間でメッセージ変換やビジネスプロセスの作成が可能となっている。

 ライセンス価格は、サブスクリプション型料金体系(サーバ筐体数、CPU、ソケット数無制限)で従業員1人当たり年間1万3920円(税抜き、スタンダードサービス含む)から。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

婚活・恋活マッチングアプリ 3億7000万人の巨大市場の行方
世界のマッチングアプリ(デートアプリ)市場のすう勢と、ウィズコロナの展望。

news053.jpg

データのサイロ化を乗り越えLTVを最大化する変数を発見 ネット宅配クリーニング「Lenet」がやったこと
事業の多角化などに伴うデータのサイロ化を防ぐためには統合的なデータ基盤が不可欠だ。...

news120.jpg

2021年のゴールデンウイークの予定 「自宅で過ごす」が依然として主流だが外出予定は増加――インテージ調査
外出意向は高まりつつも、新型コロナへの不安が消えたわけではないようです。