関東自動車工業、EMCのコンサルティングサービスでITコスト40%削減へNEWS

関東自動車工業のITインフラ全体最適化プロジェクトでEMCのコンサルティングサービスを採用。4カ月間のアセスメント作業で、調達費や設置スペースを40%削減するITインフラ構想を策定した。

2008年08月28日 18時58分 公開
[TechTargetジャパン]

 EMCジャパンは8月28日、関東自動車工業へITインフラ全体最適化のコンサルティングサービスを提供し、4カ月間で新たなITインフラ構想の策定を完了したと発表した。

 関東自動車工業は2006年8月、事業所移転を機にコスト削減・運用効率化を目的としたITインフラ全体最適化プロジェクトを発足、短期間で検討を進めるために社外のコンサルティングサービス導入を決定した。大手メーカーやシステムインテグレーターを含む4社の提案を比較検討した結果、アセスメントの進め方や成果物の理解のしやすさ、特定のサーバシステムに偏らない中立性を評価してEMCジャパンのコンサルティングサービスを採用した。

 2007年1月から、EMCジャパンのコンサルティングチームと関東自動車工業のプロジェクトメンバーによりITインフラのアセスメント作業を開始。「実態把握と現状分析」「データ分類とサービスレベル定義」「実現アーキテクチャの検討」「投資対効果の検証と全体最適化構想のまとめ」という4つのプロセスを通して全体最適化構想を策定した。アセスメント作業を通じてEMCジャパン独自の基本的なサービスフローに関するテンプレートを活用したため、当初の計画通り4カ月という短期間で作業を完了した。

 アセスメントの結果、VMwareによる仮想化とブレードサーバの導入で既存サーバの台数を最大80%削減、またストレージ統合によるディスク使用率向上でストレージの台数も70〜80%削減できることが明らかになった。さらに、調達コストと機器設置スペースを約40%削減できることも判明した。

 関東自動車工業では、この結果を基に新たなITインフラの構築を2008年7月より開始。全体最適化により削減されるコストを、災害対策や信頼性向上、継続的にコスト削減できる仕組みの構築に活用していく。新システムは、2012年の全面稼働を予定している。

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...