2010年03月23日 09時00分 公開
ニュース

ISID、金融機関向けマネーロンダリング対策製品を国内販売NEWS

電通国際情報サービスはドイツのトンベラーとマネーロンダリング対策支援ソフトウェア製品群の国内販売代理店契約を締結。一部製品の導入および保守サービスを開始した。

[TechTargetジャパン]

 電通国際情報サービス(ISID)は3月19日、ドイツのトンベラーとマネーロンダリング対策支援ソフトウェア製品群「Siron Financial Solutions」の国内販売代理店契約を締結。同日よりパッケージ製品の1つである「Siron AML」の導入および保守サービスを開始した。

 Siron Financial Solutionsは、世界40カ国、700サイト以上の稼働実績を持つソフトウェア製品群。マネーロンダリング対策、リスクアセスメント、不正検知、市場操作など、広範な金融犯罪に対応したモジュールを提供する。

 今回、日本で提供開始されたSiron AMLは、取引モニタリング、リスト照合などを含んだマネーロンダリング対策パッケージ。振り込め詐欺や反社会的勢力への対応など、金融犯罪対策の機能が集約されている。操作性、メンテナンス性に優れ、ユーザー自身でシナリオ・しきい値の設定・分析のPDCAサイクルを回すことが可能。金融機関はコストを最小化しながらマネーロンダリング対策業務を制御できるという。

 ISIDでは、システムの導入・保守を行うだけではなく、業務運用の検討支援も提供。システム導入に当たっては、個別での提供に加え、ドイツで実績があるという共同センター方式サービスによる提供、およびシステム導入後の「業務運用サービス」の提供が予定されている。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | PDCA


ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...