2010年10月15日 08時00分 公開
特集/連載

小規模オフィスでも容易に運用できる誤送信防止製品「御庭番」誤送信対策製品紹介:サイバーシステム総合研究所編

サイバーシステム総合研究所の「御庭番」は、フィルタリング機能、送信の一時保留とキャンセル、添付ファイルの暗号化機能を備えた誤送信防止製品。バイパス機能付きのアプライアンス型で提供する。

[上口翔子,TechTargetジャパン]
画像 サイバーシステム総合研究所 代表取締役社長 荒木一郎氏

 サイバーシステム総合研究所の「御庭番」は、アプライアンス型の誤送信防止製品だ。同社が提供するメールセキュリティソリューション「MPKシリーズ」の一機能である“誤送信対策機能”をベースに幾つかの独自機能が追加されたもので、ユーザー企業からの要望で生まれた製品だという。

 代表取締役社長の荒木一郎氏は、「従業員数が10人以下の小規模企業でも簡単に使用できるよう、LANにつないで設定するだけで導入できるアプライアンス型とした。ブリッジ構成(バイパス機能内蔵)のため、万が一御庭番に不具合が起きても、機器の電源をOFFにすれば企業のメール送受信には影響を与えない。安心して簡単に使用できる製品」と語る。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...