キヤノンソフト、キヤノンMJの基幹システム構築で開発されたSOAフレームワークを提供NEWS

キヤノンMJが基幹システム構築で開発したアプリケーションフレームワークを基に、キヤノンソフトウェアがSOAフレームワークを提供。基幹業務システムの開発、連携基盤の構築、運用支援まで一貫したサービスを提供する。

2010年11月29日 20時13分 公開
[TechTargetジャパン]

 キヤノンソフトウェアは11月29日、大企業向け基幹システム構築基盤システム「SOAフレームワーク」の提供を開始した。

 本フレームワークは、キヤノンマーケティングジャパン(以下、キヤノンMJ)グループの基幹システムを構築するためにキヤノンMJが開発したアプリケーションフレームワークがベースとなっており、この基盤にキヤノンソフトウェアのマルチベンダー対応SOA(サービス指向アーキテクチャ)技術と最新のWebサービス手法を組み入れたという。業界標準のWebサービス技術による業務ロジック呼び出しを基本構造とし、RIA対応、J2EE準拠のフレームワークとなっている。ユーザー企業は、Webサービス技術による基幹業務ロジックの再利用により、変化に柔軟なシステム構成・連携が可能なほか、分散疎結合アーキテクチャの設計から基幹業務システムの開発、連携基盤の構築、運用支援まで一貫したサービスを利用できる。

画像 SOAフレームワーク概要図

 本フレームワークのベースとなるアプリケーションフレームワークを使って構築されたキヤノンMJの基幹システムは、2008年からグループ全体で運用をスタートしている。現在ではグループ社員約2万人が利用しており、分散していたシステムを効率的に統合することで業務プロセスの統一化やデータの集中管理が可能になり、グループ連結経営体制が強化されたとしている。

 キヤノンソフトは本フレームワークを中心としたSOAソリューションの提供を通じ、大手企業を中心に2012年度に売り上げ30億円を目指すとしている。

関連ホワイトペーパー

SOA | フレームワーク | キヤノン | 基幹システム | Webサービス | ERP | RIA


ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...