あらゆるOSやハイパーバイザーを自前でサポート――日本ユニシスのプライベートクラウドプライベートクラウドソリューション最前線【第5回】

クラウド時代を予見し、いち早くクラウドサービスプロバイダーとなった日本ユニシス。同社は、マルチベンダーならではの豊富なバリエーションでプライベートクラウドを展開する。

2010年12月27日 08時00分 公開
[富樫純一]

 メインフレーマーからサービスプロバイダーへ、時代のシステム環境に合わせてダイナミックにビジネスを展開するのが日本ユニシスだ。同社では、クラウドコンピューティングが広く認知される前からコンピューティングインフラ(IaaS:Infrastructure as a Service)を提供する「ICTホスティングサービス」を提供していた。同サービスは、サービスの実行基盤を提供するPaaS(Platform as a Service)、アプリケーションをサービスとして提供するSaaS(Software as a Service)のプラットフォームとしても利用されている。既に金融・流通・小売業界などで、クラウド環境を利用した導入事例を数多く持っている。そして2011年の初めからは、オンプレミス型システムにクラウド環境を用意する、新しいプライベートクラウド構築サービスも開始する予定だ。

IaaSから始めたプライベートクラウド

 企業システムの在り方が「所有から利用へ」とシフトする中、SIベンダーからサービスプロバイダーへと大きくかじを切ろうとしているのが、日本ユニシスである。同社は、クラウドコンピューティングという言葉が一般化する以前から、企業システムのサービス化に注目。従来のシステムインテグレーションで培ってきたサーバ仮想化のノウハウを活用し、ユーザーが利用する論理的なシステム環境に、物理的なハードウェア障害などの影響を及ぼさない技術を確立した。それを自社が所有するデータセンターに適用するとともに、IaaSのサービスメニューとして商品化した「ICTホスティングサービス」を提供している。

ITmedia マーケティング新着記事

news136.jpg

「Vポイント」「Ponta」と連携したCTV向けターゲティング広告配信と購買分析 マイクロアドが提供開始
マイクロアドは、VポイントおよびびPontaと連携したCTV向けのターゲティング広告配信を開...

news105.jpg

Netflixの広告付きプランが会員数34%増 成長ドライバーになるための次のステップは?
Netflixはストリーミング戦略を進化させる一方、2022年に広告付きプランを立ち上げた広告...

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...