2011年01月27日 08時00分 UPDATE
特集/連載

今後10年間のビジョンIBMのCIOが語るITリスク管理、モバイル端末セキュリティ(前編)

IBMのパット・トールCIOに、iPadやスマートフォンの導入状況やビジネス目標、同社におけるCIOの役割などについてインタビューした。

[TechTarget]

 米IBMのCIOを務めるパット・トール氏は、今後10年間のスパンで同社の競争力強化を目指す幾つかの重要施策を中心となって進めている。例えば同氏は、14万人のユーザーがアクセスできる世界最大級のプライベートクラウド「Blue Insight」の構築と立ち上げを統括した。また、肥大化していた同社のIT業務の整理統合も指揮している。この取り組みは、IBMのIT投資が、同社の広範なビジネス戦略と整合性の取れた形で行われるようにすることを目的としている。

 米TechTargetはトール氏にインタビューし、IBMにおけるCIOの役割の進化や、ITリスク管理の面で同氏が懸念している問題、同社内のアプリケーション開発やモバイル端末のセキュリティ対策について話を聞いた。

―― リスク管理についてどのような責任を負っていますか。

トール ITリスク管理に責任を負っています。より大きな文脈では、私は企業リスク管理委員会の一員です。この委員会は私のほか、コントローラー、最高財務セキュリティ責任者、監査役などで構成されています。われわれの任務は、IBMの企業リスク管理ロードマップの策定です。私はこのロードマップのうち、データ保護など、ITに直接関連する部分を担当しています。また、このロードマップに内容が反映されるITリスク管理ロードマップも担当しています。

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...