2011年01月27日 08時00分 公開
特集/連載

IBMのCIOが語るITリスク管理、モバイル端末セキュリティ(前編)今後10年間のビジョン

IBMのパット・トールCIOに、iPadやスマートフォンの導入状況やビジネス目標、同社におけるCIOの役割などについてインタビューした。

[TechTarget]

 米IBMのCIOを務めるパット・トール氏は、今後10年間のスパンで同社の競争力強化を目指す幾つかの重要施策を中心となって進めている。例えば同氏は、14万人のユーザーがアクセスできる世界最大級のプライベートクラウド「Blue Insight」の構築と立ち上げを統括した。また、肥大化していた同社のIT業務の整理統合も指揮している。この取り組みは、IBMのIT投資が、同社の広範なビジネス戦略と整合性の取れた形で行われるようにすることを目的としている。

 米TechTargetはトール氏にインタビューし、IBMにおけるCIOの役割の進化や、ITリスク管理の面で同氏が懸念している問題、同社内のアプリケーション開発やモバイル端末のセキュリティ対策について話を聞いた。

―― リスク管理についてどのような責任を負っていますか。

トール ITリスク管理に責任を負っています。より大きな文脈では、私は企業リスク管理委員会の一員です。この委員会は私のほか、コントローラー、最高財務セキュリティ責任者、監査役などで構成されています。われわれの任務は、IBMの企業リスク管理ロードマップの策定です。私はこのロードマップのうち、データ保護など、ITに直接関連する部分を担当しています。また、このロードマップに内容が反映されるITリスク管理ロードマップも担当しています。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...