2011年01月27日 08時00分 公開
特集/連載

IBMのCIOが語るITリスク管理、モバイル端末セキュリティ(前編)今後10年間のビジョン

IBMのパット・トールCIOに、iPadやスマートフォンの導入状況やビジネス目標、同社におけるCIOの役割などについてインタビューした。

[TechTarget]

 米IBMのCIOを務めるパット・トール氏は、今後10年間のスパンで同社の競争力強化を目指す幾つかの重要施策を中心となって進めている。例えば同氏は、14万人のユーザーがアクセスできる世界最大級のプライベートクラウド「Blue Insight」の構築と立ち上げを統括した。また、肥大化していた同社のIT業務の整理統合も指揮している。この取り組みは、IBMのIT投資が、同社の広範なビジネス戦略と整合性の取れた形で行われるようにすることを目的としている。

 米TechTargetはトール氏にインタビューし、IBMにおけるCIOの役割の進化や、ITリスク管理の面で同氏が懸念している問題、同社内のアプリケーション開発やモバイル端末のセキュリティ対策について話を聞いた。

―― リスク管理についてどのような責任を負っていますか。

トール ITリスク管理に責任を負っています。より大きな文脈では、私は企業リスク管理委員会の一員です。この委員会は私のほか、コントローラー、最高財務セキュリティ責任者、監査役などで構成されています。われわれの任務は、IBMの企業リスク管理ロードマップの策定です。私はこのロードマップのうち、データ保護など、ITに直接関連する部分を担当しています。また、このロードマップに内容が反映されるITリスク管理ロードマップも担当しています。

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...