2011年03月02日 11時00分 UPDATE
特集/連載

Windowsサーバクラッシュの3大原因とその回避策(後編)互換性のないストレージドライバによるWindowsクラッシュ

Windowsサーバをクラッシュさせる原因を詳しく説明し、その回避に必要なベストプラクティスを紹介する。

[Bruce Mackenzie-Low,TechTarget]

 前編の「古いウイルス対策ソフトウェアによるWindowsサーバクラッシュ」に引き続き、1000件近いWindowsクラッシュの分析を通して分かった3大原因を紹介する。今回は「互換性のないストレージドライバ」「多過ぎるフィルタドライバ」などによって引き起こされるクラッシュの詳細な内容と、それらの回避に必要なベストプラクティスを紹介する。

互換性のないストレージドライバ

 サーバクラッシュの中で、「古いウイルス対策ソフトウェア」の次に多いのが「互換性のないストレージドライバ」に起因するものだ。ご存じのように、サードパーティーストレージベンダーは、HBA(ホストバスアダプター)の制御とストレージデバイスへのアクセスに使われるデバイスドライバを提供している。米Qlogic、米Emulex、米Hewlett-Packard(HP)など、ベンダーごとにデバイスドライバはそれぞれ異なるが、それらはいずれもMicrosoftのStorportというドライバに依存している。Storportドライバは、こうしたベンダー固有のドライバがI/O操作時に使用する一般的なルーチンセットを提供する。

 互換性のないストレージドライバの問題は、ウイルス対策ドライバの問題と同様の理由で起こる。ベンダー固有のドライバが変更された場合、それらをStorportの現行バージョンに対して再テストし、互換性が保たれていることを確認しなければならない。Storportが更新された場合についても同じことがいえる。全てのHBAドライバを再テストし、新しいStorportドライバと組み合わせて利用できることを確認しなければならない。だが、それは大変な作業だ。例えば、Windows Server 2003では、Storportに関する修正プログラムが50件以上公開されたからだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news139.jpg

急成長のチャットbot市場、2018年度の売上金額は前年度比倍増――ITR調べ
日本国内のベンダー29社への調査を基にしたチャットbot市場の実績と予測です。

news023.jpg

日本におけるカスタマーサクセスは「夜明け前」 これから乗り越えるべき3つの壁とは?
日本におけるカスタマーサクセス推進の鍵は「期待値コントロール」と「日本人の特性を踏...

news124.jpg

消費者が秋らしさを感じるもの 「さんま」以外に何がある?――クロス・マーケティング調べ
クロス・マーケティングは、全国の20〜69歳の男女1000人を対象に「秋の味覚に関する調査...