2011年04月19日 20時00分 公開
ニュース

モディファイ、Facebook用クライアントツールを公開NEWS

モディファイは、コンテンツ管理プラットフォーム「SM3」の標準機能として、Facebook用のクライアントツールを追加した。加速するFacebookの企業利用を支援する。

[太田智美,TechTargetジャパン]

 モディファイは4月18日、Facebook用のクライアントツール「MODIPHI RedEye(β)for Facebook」(以下、RedEye)を発表した。RedEyeは、Facebookへの記事や画像の投稿を管理し、企業のFacebook利用を支援するツールだ。Facebookの個人ユーザーアカウントとFacebookページアカウントの両方で利用できる。Facebookページアカウントでの利用では、管理者がユーザーの投稿前に内容をチェックし承認を下すワークフロー機能を備える。なお、Facebookへのイベント投稿機能は次期バージョンで実装予定という。

 RedEyeの主要機能は以下の通り。

【Facebookユーザーアカウントでの利用】

  • ニュースフィードの記事一覧表示
  • プロフィールウォールへの記事、URL、画像、コメントの投稿/削除
  • 「いいね!」の追加・削除

【Facebookページでの利用】

  • 複数人による運用
  • Facebookページのウォール記事一覧表示
  • Facebookページアカウントでの、ウォールへの記事、URL、画像、コメントの投稿/削除
  • 記事、URL、画像、コメントの投稿における事前承認ワークフロー

 RedEyeは、モディファイが企業向けに提供するソーシャルメディア向けコンテンツ配信管理プラットフォーム「SM3」の一機能として標準装備される。モディファイによると、既にSM3を利用しているユーザーは現段階では追加料金無しで使えるという。SM3の価格はユーザー数5人、配信先数5件の場合で月額1万円(税別)から。

画像 RedEyeの画面《クリックで拡大》

関連ホワイトペーパー

運用管理 | ワークフロー


ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

2021年の「広告」「Web解析」「SEO」 重要トピックスを振り返る
2021年のデジタルマーケティングのアップデート内容について「広告」「Web解析」「SEO」...

news041.jpg

緊急事態宣言解除後の2021年10月、ドラッグストア&食品スーパーで売れたモノ――True Data調査
緊急事態宣言解除後の人々の生活様式はどう変化したのでしょうか。

news067.jpg

Facebook上の動画コンテンツにインストリーム広告を挿入可能に ブランドとクリエイター双方のメリットは?
Facebook上の動画コンテンツの前後や途中に挿入できる広告であるインストリーム広告を日...