2011年04月19日 20時00分 公開
ニュース

モディファイ、Facebook用クライアントツールを公開NEWS

モディファイは、コンテンツ管理プラットフォーム「SM3」の標準機能として、Facebook用のクライアントツールを追加した。加速するFacebookの企業利用を支援する。

[太田智美,TechTargetジャパン]

 モディファイは4月18日、Facebook用のクライアントツール「MODIPHI RedEye(β)for Facebook」(以下、RedEye)を発表した。RedEyeは、Facebookへの記事や画像の投稿を管理し、企業のFacebook利用を支援するツールだ。Facebookの個人ユーザーアカウントとFacebookページアカウントの両方で利用できる。Facebookページアカウントでの利用では、管理者がユーザーの投稿前に内容をチェックし承認を下すワークフロー機能を備える。なお、Facebookへのイベント投稿機能は次期バージョンで実装予定という。

 RedEyeの主要機能は以下の通り。

【Facebookユーザーアカウントでの利用】

  • ニュースフィードの記事一覧表示
  • プロフィールウォールへの記事、URL、画像、コメントの投稿/削除
  • 「いいね!」の追加・削除

【Facebookページでの利用】

  • 複数人による運用
  • Facebookページのウォール記事一覧表示
  • Facebookページアカウントでの、ウォールへの記事、URL、画像、コメントの投稿/削除
  • 記事、URL、画像、コメントの投稿における事前承認ワークフロー

 RedEyeは、モディファイが企業向けに提供するソーシャルメディア向けコンテンツ配信管理プラットフォーム「SM3」の一機能として標準装備される。モディファイによると、既にSM3を利用しているユーザーは現段階では追加料金無しで使えるという。SM3の価格はユーザー数5人、配信先数5件の場合で月額1万円(税別)から。

画像 RedEyeの画面《クリックで拡大》

関連ホワイトペーパー

運用管理 | ワークフロー


ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

「サブスク疲れ」を超えて広がるOTTメディアとモバイル広告のこれから
現在のOTTはサブスクリプションモデルが主流です。しかし、長期的にはストリーミングコン...

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...