2011年04月22日 17時30分 UPDATE
ニュース

NEWSデル、高可用性ファイルシステムを搭載した中小規模向けNASストレージ

デルが中小規模向けのNASストレージを販売開始した。iSCSIストレージアレイと組み合わせることで、ブロック/ファイル単位でのアクセスを単一プラットフォームで可能にする。

[TechTargetジャパン]

 デルは4月21日、NASストレージソリューション「PowerVault NX3500」を販売開始した。PowerVault NX3500は、デルのiSCSIストレージアレイ「PowerVault MD32x0i」「PowerVault MD36x0i」と組み合わせることで、iSCSIによるブロックアクセス、NFSやCIFSによるファイルアクセスを単一のプラットフォームで可能にする。

photo PowerVault NX3500

 PowerVault NX3500はコントローラー2基、バックアップ電源ユニット1基、Dellストレージアレイの3つコンポーネントで構成される3Uサイズで、可用性に優れたファイルシステム「DSFS(Dell Scalable File System)」を搭載するNAS製品。バックエンドストレージのPowerVaultMDシリーズと連携することで、単一のファイルシステムで物理容量192Tバイトまで拡張可能。さらにスナップショットや非同期レプリケーション、NDMP(Network Data Management Protocol)バックアップ対応といったデータ保護機能を備えている。

関連ホワイトペーパー

ストレージ | Dell(デル) | NAS | アベイラビリティ


ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

男性が職場や学校、家庭で感じている「生きづらさ」について――Lean In Tokyo調べ
実は少なくない男性が生きづらさを感じているという調査結果です。

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...