2011年06月09日 23時00分 公開
ニュース

ラネクシー、RTO短縮化に注力したイメージバックアップソフトを販売NEWS

ラネクシーが米StorageCraftと国内総代理店契約を締結し、バックアップ/リカバリソフトウェア「ShadowProtect」シリーズの販売を開始した。

[TechTargetジャパン]

 ラネクシーは6月9日、米StorageCraft Technologyと国内総代理店契約を締結し、同社が開発するバックアップ/リカバリソフトウェア「ShadowProtect 4」(以下、ShadowProtect)を2011年6月下旬に販売開始すると発表した。

 ShadowProtectは、Windows環境においてセクタ ー単位でイメージバックアップを実行するソフトウェア。物理環境だけでなく、VMwareHype-V、XenServer、Oracle VMなどの主要な仮想化環境でのバックアップにも対応する。また、独自のスナップショット技術や最短15分間隔でバックアップの増分イメージを作成する「バックアップ増分統合機能」によって、バックアップ時間を短縮する。

 さらに、オプション機能「ShadowProtect ImageManager Enterprise」を活用することで、「HeadStart Restore」機能によってバックアップファイルの復元プロセスを自動的に継続してシステムのRTO(目標復旧時間)を短縮したり、遠隔地レプリケーションなども実施できる。これまでに全世界で30万ライセンスの導入実績があるという。

 今回ラネクシーが販売開始したのは、PC向け「Desktop Edition」、Windows Server向けの「Server Edition」「Small Business Server Edition」、USBメモリでバックアップを行う「IT Edition」などの4製品。

photophoto ShadowProtect4 Virtual(左)、ShadowProtect4 for MSP(右)《クリックで拡大》

 また今後は、仮想化環境に特化した「ShadowProtect4 Virtual」、データセンター事業者向けのクラウドサービス対応「ShadowProtect4 for MSP(Managed Service Providers)」も7月以降に提供する予定だ。

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...