2011年05月30日 08時00分 公開
特集/連載

災害復旧計画を策定する前に、RTOとRPOを決定せよディザスタリカバリ計画のファンダメンタルズ:テストの基礎的要件

策定した災害復旧計画の妥当性を確認するために必要不可欠な要素。それは、災害復旧のプロセス全体を包括するテストだ。

[James Damoulakis,TechTarget]

 災害復旧(DR)計画を成功させるために欠かせない基盤の1つが、事業の要求定義を理解することだ。会社が必要とするものは何か。そして機能とコストの観点から、それらのニーズに対応することは可能か? そのパフォーマンスを図る重要な数値となるのが、目標復旧時間(RTO)と目標復旧地点(RPO)だ。簡単に説明すると、RTOはオペレーションを復活させるまで(データ復旧だけではない)の最長許容時間であり、RPOはデータ損失の最大許容範囲だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...