2011年10月26日 09時00分 公開
特集/連載

ウイルス対策やパッチ管理だけでは不十分Windows管理者が見落としがちな5つのリスクとは?

社内のWindows端末を安全に保つのにウイルス対策やパッチ管理は不可欠だが、それだけでは不十分だ。管理者が見落としがちな、Windows環境における5つのリスクを紹介する。

[Kevin Beaver,TechTarget]

 ウイルスにゼロデイ攻撃、セキュリティパッチの当て忘れ、推測されやすいパスワード……。Windows管理者であれば誰であれ、こうしたリスクに対処しなければならないことを理解している。だがWindowsには、上記以外にも対処すべきリスクがあることを認識している管理者は意外と少ない。

 以下に挙げた5項目は、企業のセキュリティ診断で最もよく遭遇するWindowsのリスクだ。こうしたリスクは、読者が管理しているWindows環境にも恐らく存在するだろう。現状のセキュリティ診断の確認項目から漏れているものが1つでもあれば、確実に追加しておく必要がある。こうしたリスクをそのまま放置しておくと、悪意のある人物(攻撃者)がたった1人現れるだけで、企業はすぐさま危険にさらされてしまうからだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。

news139.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大で注目される「巣ごもり消費」に関する意識――カンム調査
外出控えムードの中、消費意欲は「自宅でのエンタメ」に向かっているようです。