2011年10月26日 09時00分 公開
特集/連載

Windows管理者が見落としがちな5つのリスクとは?ウイルス対策やパッチ管理だけでは不十分

社内のWindows端末を安全に保つのにウイルス対策やパッチ管理は不可欠だが、それだけでは不十分だ。管理者が見落としがちな、Windows環境における5つのリスクを紹介する。

[Kevin Beaver,TechTarget]

 ウイルスにゼロデイ攻撃、セキュリティパッチの当て忘れ、推測されやすいパスワード……。Windows管理者であれば誰であれ、こうしたリスクに対処しなければならないことを理解している。だがWindowsには、上記以外にも対処すべきリスクがあることを認識している管理者は意外と少ない。

 以下に挙げた5項目は、企業のセキュリティ診断で最もよく遭遇するWindowsのリスクだ。こうしたリスクは、読者が管理しているWindows環境にも恐らく存在するだろう。現状のセキュリティ診断の確認項目から漏れているものが1つでもあれば、確実に追加しておく必要がある。こうしたリスクをそのまま放置しておくと、悪意のある人物(攻撃者)がたった1人現れるだけで、企業はすぐさま危険にさらされてしまうからだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

NECが取り組む営業のデジタルシフト 「会えば何かが起こる」から「先に課題を提示できる」営業へ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴い企業活動の在り方も大きな変更を迫られ...

news137.jpg

「メディアの伝えることの信頼性が気になった」65.1%――博報堂DYメディアパートナーズ調査
「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」の結果から見えてきた3つのこととは。

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...