失敗しない“第1世代”OpenFlow製品の選び方SDN/OpenFlowで何が変わるか【後編】

ネットワーク設計や管理を効率化する手段として期待される「OpenFlow」。後編は、商用製品が登場し始めたOpenFlow製品の選定や導入時のポイントを解説する。

2012年07月12日 08時00分 公開
[塚本広海, 小瀬田 勇,ネットワンシステムズ]

 前編「【技術解説】OpenFlow/SDNの自在な経路制御を実現する技術」では、OpenFlowの基本的な構成や経路制御の仕組みを技術的な視点から解説した。

 現時点では研究用途が多いOpenFlow製品だが、企業利用を見据えた商用製品も登場しつつある。こうした“第1世代”ともいえる商用OpenFlow製品には、新しいが故に選定や導入、運用面で注意すべき点がある。後編では、OpenFlow製品の選定や導入時の注意点、既存ネットワーク技術との使い分けのポイントなどを解説する。

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。