失敗しない“第1世代”OpenFlow製品の選び方SDN/OpenFlowで何が変わるか【後編】

ネットワーク設計や管理を効率化する手段として期待される「OpenFlow」。後編は、商用製品が登場し始めたOpenFlow製品の選定や導入時のポイントを解説する。

2012年07月12日 08時00分 公開
[塚本広海, 小瀬田 勇,ネットワンシステムズ]

 前編「【技術解説】OpenFlow/SDNの自在な経路制御を実現する技術」では、OpenFlowの基本的な構成や経路制御の仕組みを技術的な視点から解説した。

 現時点では研究用途が多いOpenFlow製品だが、企業利用を見据えた商用製品も登場しつつある。こうした“第1世代”ともいえる商用OpenFlow製品には、新しいが故に選定や導入、運用面で注意すべき点がある。後編では、OpenFlow製品の選定や導入時の注意点、既存ネットワーク技術との使い分けのポイントなどを解説する。

ITmedia マーケティング新着記事

news190.jpg

シンフォニーマーケティングが日立グループに「ABM研修特別編」を提供
シンフォニーマーケティングが日立アカデミーと教育プログラムを共同で設計・開発。世界...

news045.jpg

「現金で買い物」は少数派? 意外なポイントの使い道は? 調査で見えたお金への意識の変化
メットライフ生命保険が「全国47都道府県大調査 2024〜社会情勢の変化と将来への備え〜...

news100.png

どこどこJPに「匿名ネットワークアクセスレポート」が追加
Geolocation Technologyは、「どこどこJP」に新機能「匿名ネットワークアクセスレポート...