2013年01月16日 08時00分 公開
特集/連載

失敗しないWindowsタブレットの選び方UIや操作性だけで選ぶと後悔必至

WindowsタブレットにはWindows 8版とWindows RT版がある。両者の大きな違いと、選択のポイントを紹介する。

[Ed Hardy,TechTarget]

Windows RT版では、旧バージョンのWindows向けアプリが使えない

 一見すると、Windows 8とWindows RTには大きな違いがあるようには思えない。どちらもタッチ操作に適したタイル型のスタート画面を備え、インターネットやメール、Officeファイルの作業など、日常的に行う機能のルック&フィールは変わらない。しかし、Windows 8とWindows RTは種類の異なるプロセッサに向けて開発されている。このことは使用上さまざまな影響を及ぼす。

 まずWindows 8は、IntelAMDx86チップで動作し、Windows 7、Windows Vistaなど旧バージョン向けに開発されたサードパーティーのソフトウェアも実行できる。一方、Windows RTはARMベースのプロセッサを使用しており、旧バージョンのWindows向けに開発されたソフトウェアとの互換性がない。従って、Windows RTでは新たにアプリケーションを開発する必要がある。しかし現時点では、サードパーティーの製品も含めて対応アプリケーションはまだ少ない。

iPadに対抗するために、機能を絞って端末価格を抑えたWindows RT版

 「既存のWindowsアプリケーションを実行できないOSをリリースするなど、Microsoftはどういうつもりなのか?」と疑問に思う向きもあることだろう。だが、これには理由がある。大成功を収めているiPadに対抗するためには、Windows 8だけではタブレットOSとして十分とはいえないためだ。

 というのも、iPadが成功した要因は、多くのユーザーがよく使う機能に絞ることで、端末のデザインとパフォーマンス、バッテリー駆動時間を優先したことだった。その点、Windows 8は高機能なため、ハードウェアにもそれを実行できるだけの性能が求められるのだ。

 まずx86プロセッサはARMベースのプロセッサと比べてはるかに消費電力が高いため、バッテリー駆動時間が大幅に短くなる。例えば、Microsoftのタブレット「Surface」の場合、Windows 8版はIntelのCore i5プロセッサを採用する。これはAtomシリーズのように消費電力を抑える設計のプロセッサではない。このため、Windows 8版のSurfaceはバッテリーの容量とサイズが増えるにもかかわらず、駆動時間はWindows RT版の半分になる。このことは既にMicrosoft自身も認めている。Surface以外のWindows 8搭載タブレットはこれよりもバッテリー駆動時間が長くなるかもしれないが、それでもARMベースのタブレットの足元にも及ばないだろう。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...