海外子会社の経理状況を監視したい課題解決ナビ

本社から遠く離れた海外子会社が不正な経理処理をしていないか――。このような不安を払拭するには子会社の状況をリアルタイムに把握できるシステムの導入が効果的だ。

2013年04月08日 08時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 日本の本社から離れた海外子会社の経営を管理することは簡単ではない。業績下落の予兆や不正会計などは、月々の定型リポートで発見することが難しい。また本社の人員を出向や出張の形で海外子会社に送り込んでも、「本社からのお客さん」として扱われ、海外子会社の実態を表す本当の情報に触れられないことも考えられる。

 製造業を中心に日本企業の海外売上比率が高まる中、海外子会社の適切な監視や管理は日本の本社にとって必須の項目になりつつある。本社から海外子会社の監視、管理を効率化するための手段として有効な「連結会計システム」「クラウドERP」を紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...