2013年04月23日 08時00分 公開
特集/連載

集団ダンス「ハーレムシェイク」動画で企業が求人する理由ソーシャルメディアが変えたリクルート活動

ソーシャルメディアの利用拡大で企業の採用活動も大きく変化している。ネットで流行している集団ダンス「ハーレムシェイク」を使って求人する企業は何を狙っているのか?

[Aaron Lester,TechTarget]

 ミスティー・サットン氏は社員リクルートのために勧誘電話をかけるのがかつての日課だった。今はハーレムシェイク(編注)のビデオを作っている。

編注:インターネットで流行している集団ダンス。社員のダンスを撮影してYouTubeなどに投稿する企業も多い

 サットン氏は、米国アトランタを拠点にするクラウドサービスブローカーである米Cloud Sherpasのグローバルリクルート部門の責任者。以前は、自分のデスクからリクルートの電話をかけていた。しかし、最近ではアトランタ、ムンバイ、ボストンのチームを対象に、採用候補者に自社の企業文化を紹介するビデオの作成コンテストを企画している。「わが社で楽しく働けることを伝えたい」とサットン氏は話す。「いつも仕事一色というわけではないのだから」

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

「日本企業的DX」の神髄(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。