2013年06月27日 07時00分 公開
特集/連載

「ネットの父」が語るGoogleデータセンター最新事情OpenFlowベースのSDN技術を導入

米Googleのビント・サーフ氏はSDNに夢中なようだ。講演の大半をSDNの役割と推進方法、そしてGoogleのOpenFlow戦略に費やした。

[Shamus McGillicuddy,TechTarget]

 TCP/IPの共同開発者で「インターネットの父」とも呼ばれる、米Googleのビント・サーフ氏は、2013年4月中旬に開催された第3回年次「Open Networking Summit」のオープニングを飾る基調講演において、同社のデータセンターネットワークに「OpenFlow」ベースSDN(Software Defined Networking)を導入したことを明らかにした。

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...