2013年09月18日 08時00分 公開
特集/連載

スプレッドシートに疑問を感じる5つの瞬間このまま使い続けていいの?

データ集計や会計データの取り扱いにとても便利な表計算ソフト。だが、他のソフトと同様に全ての領域で利用できるわけではない。スプレッドシートが苦手な5つの分野とその解決策とは。

[Emma Snider,TechTarget]

 企業の経理・財務部門が米Microsoftの表計算ソフト「Microsoft Excel」を使って重要な業務を遂行することに対し、専門家は長らく警告を発してきたが、それでもまだ多くの企業はスプレッドシートを使い続けている。ただしこれは、必ずしも変更を渋ってのことではないのかもしれない。経理担当者の中には、変更という選択肢があることすら認識していない向きもいるようだ。

 米Ventana Researchが実施した調査では、「重要な経理業務を遂行する上でExcelよりも優れた選択肢があることを認識しているか」との質問に対し、「はい」と答えたのは49%だった。残り半分の回答者のうち、32%は「分からない」と答え、19%は「いいえ」と答えている。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...