2013年09月24日 08時00分 公開
特集/連載

CIOが本音トーク「モバイル持ち込みにちょっと困っています」新たなトレンドになりつつある“BYOT”の影で

最近の顕著なトレンドであるBYOT。企業のIT部門にはまたとない機会がもたらされるが、同時に新たな頭痛の種ともなる。

[Emily McLaughlin,TechTarget]

BYOTポリシーの管理に頭を悩ませるIT部門

 米TechTargetは読者対象の「Twitter会議」を開催し、「これからのIT業界のトレンド」について意見を出し合った。読者のうち何人かのCIOに、「BYOT(※)ポリシーは皆さんにとって大きな懸案事項か。それとも優先度は既に下がったか」と質問を投げ掛けて調査を行った。

(※)BYOTは「Bring Your Own Technology」の意味。私物端末の業務利用「BYOD(Bring Your Own Device)」とほぼ同義で使われるが、BYOTの場合はユーザーが独自にカスタマイズしたデバイス/ソフトウェア/サービスを含むことがある。

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...