2013年10月02日 20時30分 公開
ニュース

Yahoo! JAPANとエムスリー、医療機関の優先診療サービスを開始NEWS

事前の優先診療申し込みで「優先診察券」を発行し、待ち時間の短縮によるスムーズな受診を支援する。

[TechTargetジャパン]

 ヤフー(Yahoo! JAPAN)とエムスリーは10月1日、時間帯を指定して医療機関の優先診察が受けられるようにする医療機関/患者向けサービス「ファストチケット」を公開した。

 ファストチケットは、患者が希望の時間帯を事前に指定することで、優先して医療機関の診察を受けられるようにするサービス(サービスの運営はエムスリー)。エムスリーによると「医療機関は自院の混雑状況を考慮して、待ち時間が比較的少ない時間帯を中心にファストチケットを利用することで、新規患者の来院増加が期待できる」という。また患者は、ファストチケットを利用する医療機関で受診する場合、待ち時間が比較的少ない時間帯を選んで受診することが可能だ。

photo ファストチケット画面

 医療機関が比較的待ち時間の少ない時間帯を「優先診察」枠として登録すると、「Yahoo!ヘルスケア」の病院情報ページや地域情報「Yahoo!ロコ」の検索結果ページにその内容が表示される。患者は優先診療可能時間帯の表示を確認して、ファストチケットの画面を通じて優先診察券を取得、来院して受診できる。

photo ファストチケットの検索結果例

 サービスの利用に当たっては、一般患者は無料で、医療機関は利用料金が必要となる。

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...