2014年04月15日 08時00分 公開
特集/連載

Windows 8/8.1からWindows 7へダウングレードできる人と、できない人の違い決断の前に読みたい

徐々に浸透しつつあるWindows 8/8.1だが、どうしても使い慣れないという声も多く聞かれる。それに対する解決策の1つが、Windows 7へのダウングレードだ。本稿では、OSをダウングレードする前に考慮すべき点を説明する。

[Brien Posey,TechTarget]

 米Microsoftの最新オペレーティングシステム(OS)は、「Windows 8.1」のおかげもあって徐々に浸透している。しかし、万人向けでないことは否定できない。ただ、「Windows 8」に見切りを付けて「Windows 7」に切り替える際には、入念な準備が必要となる。Windows 8からWindows 7へダウングレードする前に考慮すべき点を幾つか挙げておこう。

ライセンスとサポート

ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...

news110.jpg

メルカリ調査 フリマアプリで売れる価格は新品の購買意思決定にどれほど影響する?
フリマプリ出品経験者は、フリマアプリでの再販価格が10%上昇すると、新品に支払える上...

news024.jpg

Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向において...