2014年04月15日 08時00分 公開
特集/連載

Windows 8/8.1からWindows 7へダウングレードできる人と、できない人の違い決断の前に読みたい

徐々に浸透しつつあるWindows 8/8.1だが、どうしても使い慣れないという声も多く聞かれる。それに対する解決策の1つが、Windows 7へのダウングレードだ。本稿では、OSをダウングレードする前に考慮すべき点を説明する。

[Brien Posey,TechTarget]

 米Microsoftの最新オペレーティングシステム(OS)は、「Windows 8.1」のおかげもあって徐々に浸透している。しかし、万人向けでないことは否定できない。ただ、「Windows 8」に見切りを付けて「Windows 7」に切り替える際には、入念な準備が必要となる。Windows 8からWindows 7へダウングレードする前に考慮すべき点を幾つか挙げておこう。

ライセンスとサポート

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...