ウォール街で偏愛されるAmazonのパラドックス 業績が悪化しても株価は高騰AWSが頂点に立つまでの10年を振り返る

Amazon Web Services(AWS)が登場して10年がたった。当初は誰も予想しなかったが、AWSの成長は目覚ましく、将来はAmazon.comの売上高をしのぐと予測するアナリストもいる。AWSの魅力とその舞台裏に迫る。

2014年05月16日 12時00分 公開
[Anne Stuart,TechTarget]

関連キーワード

Amazon | Amazon EC2 | Amazon Web Services | IaaS


 約10年前、「Amazon Web Services」(AWS)は米Amazon.comの社内のホワイトボードに書かれた単なるアイデアに過ぎなかった。それが今や、IaaS(Infrastructure as a Service)界のトップに立ち、フランク・シナトラの歌のように「頂点に上り詰め、王者となった」。

 Amazonが同社初のWebサービスとして「Simple Queue Service」というメッセージキュー管理サービスの提供を始めたのは2004年11月だが、ビジネスとして正式にAWSを開始したのは2006年になってからのことだ。それから8年後の現在、Amazonのクラウドサービスには、コンピューティング、データベース、ネットワーク、決済、ストレージ、アプリケーションなどさまざまなサービスがそろっている。AWSの顧客は190か国以上の数十万に及び、世界各地の10地域にデータセンターを開設している。

 AWSの顧客は米航空宇宙局(NASA)、フィンランドのNokia、米Pfizer、米Pinterest、米Dropbox、米Dow Jonesなど多岐に及ぶ。2012年の米大統領選では、再選を目指すバラク・オバマ大統領の選挙運動でAmazonのクラウドサービスが活用され、最近では米中央情報局(CIA)との契約も獲得した。米Netflixは、自社のビジネスがAmazonと真っ向から競合する動画配信サービスであるにもかかわらず、実質的に全業務をAWSで運営している。Amazonは2012年4月、他のベンダーから提供される1100点余りのAWS関連ソフトウェア製品を販売するオンラインストア「AWS Marketplace」も開始した。

インターネットを動かす黒幕

ITmedia マーケティング新着記事

news078.jpg

マーケティングツール活用にまつわる3つの課題とは? ――インキュデータ調査
マーケティングツールを利用する企業は多いものの、利用企業はツールをうまく使いこなせ...

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...

news188.png

香り体験をデジタル化する「香りリテールメディア」 東芝テックとスコープが提供開始
店頭に香りリテールメディア用のタブレットと香料噴射器が付いた商品棚を設置して、消費...