Hyper-Vだけじゃない、統合管理ツール「System Center Virtual Machine Manager」のカバー能力Windows Server 2003ユーザーのためのHyper-V解説【第4回】

MicrosoftのCloud OSビジョンの根底を支える技術である「Hyper-V」。今回は、Hyper-Vをはじめとした統合的なITインフラ管理を実現する「System Center」の中身について「System Center Virtual Machine Manager」を中心に解説する。

2014年09月29日 08時00分 公開
[田中 隆三郎,日本マイクロソフト]

 前回の「手軽に始められる、Hyper-Vの『BCP/DR対策』『無停止運用』機能」では、現在MicrosoftがCloud OSビジョンを掲げて製品/サービスを提供していることを説明した。「Hyper-V」を搭載した「Windows Server」は、そのCloud OSビジョンを実現するための機能/製品である。Cloud OSを実現する形態としては、ユーザーが管理するプライベートクラウド、Microsoftが提供するパブリッククラウドサービスである「Microsoft Azure」(以下、Azure)、そしてMicrosoftのパートナーのサービスプロバイダが管理/提供するクラウドサービスがある。そしてこれら3つの形態に一貫した管理を提供するのが、本稿で取り上げる「System Center」だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...