2015年01月23日 12時00分 公開
特集/連載

特選プレミアムコンテンツガイドクラウドに移行して良かった企業/後悔した企業

クラウドサービスの利便性や初期コストなどさまざまなメリットを考えれば、企業がクラウドサービスを利用しない手はない。だが、クラウドサービスの利用にあえて慎重になる企業もいるようだ。

[TechTargetジャパン]
クリックでダウンロードページヘ

 クラウドサービスを利用して、社内のサーバや配線をお払い箱にするというアイデアは、企業のIT部門にとってますます魅力的な選択肢となっている。アプリケーションのクラウド移行は、今後のあるべき姿なのである。

 ただし、セキュリティや全体的なコストについては、いまだ多くの企業が懸念を持っている。コストは、時間当たりの利用料や従業員数など、さまざまな要素によって利用企業ごとに異なる。

 このコンテンツでは、米Salesforce.comのクラウドサービスを活用した企業が、ROI(投資対効果)の観点からオンプレミスを含めた別の選択肢を検討している事例を取り上げる。一方、企業がクラウドへ簡単に移行できる5つのワークロードとアプリケーションも紹介する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

日本が最下位――クアルトリクス「2020年 従業員エクスペリエンストレンド」レポートを読む
従業員体験(EX)は顧客体験(CX)と並ぶ重要テーマですが、日本における従業員エンゲー...

news146.jpg

2019年度の統合型マーケティング支援市場は前年度比24.3%増の見込み――ITR調査
統合型マーケティング支援市場のB2B、B2C別の規模推移および予測です。

news110.jpg

マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞...