仮想デスクトップの緊急時対策を比較、「Hyper-V」「Windows To Go」は役立つ?それぞれのメリット/デメリットを検証

仮想デスクトップの災害復旧計画はどのように計画するのがよいのだろうか。Hyper-V、Windows To Go、ストレージレプリケーション、オフライン仮想デスクトップについて検証した。

2015年02月18日 12時00分 公開
[Brien Posey,TechTarget]

 災害復旧(DR)計画で重視すべきは、当然ながらサーバとサーバのワークロードである。だが、仮想デスクトップインフラ(VDI)を導入している企業は、災害復旧で仮想デスクトップが果たす役割を考慮しなければならない。

 災害時には、全てのものをできる限り迅速に使える状態に復元することが重要だ。ユーザーはタスクを遂行する必要がある。また、顧客は商品やサービスを購入したり、サポートに連絡したり、問題に関する支援を受けられる状態でなければならない。

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。