2015年04月27日 08時00分 公開
特集/連載

企業がウェアラブルデバイスを安心して使える日はいつ来る?モバイル管理アプリベンダーCTOが語る

ウェアラブル端末やIoT(モノのインターネット)など、ネットワークにアクセスする新しいモバイル技術が次々と出現する中、企業はどのように対処すべきだろうか。EMMベンダーの幹部に市場のこれからを聞いた。

[Jake O’Donnell,TechTarget]
《クリックで拡大》

 モバイル技術の進化は絶え間なく、IT技術に強い企業でさえもついていくのが難しいのが実情だ。

 スマートフォンとタブレット、またそうしたデバイス向けのアプリケーションは企業に大きな恩恵を与えているが、IoT(モノのインターネット)などの新しいモバイル技術は、管理とセキュリティの面で次々と困難な課題をもたらしている。ウェアラブル端末やIoTデバイスの新製品が市場に続々と登場する中、これらの技術に対する議論は一段と過熱しそうだ。

 エンタープライズモビリティ管理(EMM)ベンダーである米Good Technologyの最高技術責任者(CTO)であるニッコー・バン・サマラン氏は、EMMの今後を展望するとともに、社内ネットワークにアクセスする新しいモバイル技術が次々と出現するという状況に企業はどう対処すべきかについて語った。

――あなたにとって「モダンモビリティ」(最新のモビリティ)は何を意味しますか?

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...