2015年09月07日 08時00分 公開
特集/連載

Software-Definedへ向かうインフラの選択【後編】ハイパーコンバージドの2大勢力「Nutanix」と「Evo:Rail」、違いを比較 (2/2)

[五味明子,著]
前のページへ 1|2       

 以下は、Nutanix(NX-1365-G4モデル)とEvo:Railのスペック比較表だ。

Nutanix vs. Evo:Rail比較(編集部調べ)
  Nutanix(NX1365-G4) EVO:RAIL
ソフト開発元 Nutanix VMware
概要 WebスケールITのメリットを企業向けに提供する。Nutanixはソフトだけでなくアプライアンスも提供する 中規模運用向けに提供する統合製品。VMwareのハード/ソフト仕様に準拠してOEMパートナーが提供する
国内アプライアンスベンダー Nutanix、デルなど ネットワンシステムズ、EMCジャパン、日本HP、富士通、ネットアップなど
ハイパーバイザー Hyper-V、KVM、vSphere vSphere
分散ファイルシステム NDFS VSAN
ストレージ機能 圧縮、重複排除、スナップショット、クローン、DR、Metro Cluster、暗号化など マルチプロトコル対応、データ保護、DRなど
管理ツール Prism(※) EVO:RAIL Deployment Configuration and Management(DCM)、vCenter Log Insight
基本構成 2U/4ノード 2U/4ノード
最小構成 3ノード 4ノード
CPU(ノード) Intel Xeon E5 2620v3(6コア)×2 Intel Xeon E5 2620v2(6コア)×2
メモリ(ノード) 64Bバイト 192Gバイト
ストレージ容量(ノード) SSD:480Gバイト、HDD:2Tバイト SSD:400Gバイト、HDD:1.2Tバイト
ネットワーク接続(ノード) 10Gbps×2、1Gbps×2 10Gbps×2

※1 仮想環境の管理、仮想マシンの作成などは、ハイパーバイザーの管理ツールにアクセスする必要がある

編注:Nutanixは製品ラインアップが多岐にわたるため、上記スペックは一例にすぎない。参考情報は「最新Nutanixモデルお買い得情報のご案内」。Evo:Railのスペックは「VMware EVO: RAILの概要」を参考にした。


 「ハイパーコンバージドインフラへの期待は大きいが、現状ではVDIやメールサーバなど用途を限定した利用形態がほとんど。だが、たとえ現状がそうであっても新しいインフラは“まずは使ってみる”ことが大切」と福冨氏は強調する。

 徐々に実績が蓄積されていくことでベンダー側も検証センターを用意したり、ベストプラクティスの公開が進むようになるという。過渡期のインフラとして終わるのか、それとも企業ITにドラスティックな変化をもたらす存在となるのか。ハイパーコンバージドインフラが次のステージに進むにはユーザーとベンダーがともに試行錯誤していく期間がもう少し必要なようだ。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...