2015年09月30日 14時30分 公開
特集/連載

動画:140年続く伝統公立校が「アクティブラーニング」に挑戦する理由「iTeachers TV」最新番組紹介

140年以上の歴史を持つ静岡県立韮山高等学校が、「アクティブラーニング」に取り組む理由とは? 教育ITの実践とノウハウを紹介する「iTeachers TV」の最新番組を紹介します。

[TechTargetジャパン]

関連キーワード

iTeachers | 教育IT | iPad | タブレット


画像 iTeachers TV第17回には、韮山高校でアクティブラーニングを推進する鈴木教諭が登場《クリックで拡大》

 1873年に開設された小学校教員養成のための仮研究所を起源とする、静岡県立韮山高等学校(静岡県伊豆の国市)。2013年に創立140周年を向かえた同校は、静岡県内で最古の公立校として知られています。そんな同校で、生徒の主体的な学習を促す「アクティブラーニング」を推進するのが、地歴・公民科を担当する鈴木映司教諭です。

 「これからの社会は、今までの社会や今の社会と比べて大きく変わる。それならば、授業も大きく変わらないといけないのではないか」。鈴木教諭はこう語り、授業の在り方、そして教育の在り方に変革が迫られていると説きます。iTeachers TV第17回は、同校がアクティブラーニングに取り組む理由とその実践例を、同教諭自ら明かします。

 週替わりのコーナー「教育ICTなんでも3ミニッツ」には、デジタルハリウッド大学の栗谷幸助 准教授が登場。動画教材内で紹介する資料の工夫について紹介します。動画教材では、講師がスライドを示しながら学習内容を説明する形式が一般的です。言い漏らしのないよう、最初からスライドにあらゆる要素を記載した方がよいと考えがちですが、それはかえって逆効果になる可能性があると、栗谷准教授は指摘します。それはなぜでしょうか。詳しくは番組をご覧ください。

 TechTargetジャパンの会員登録/ログイン後、下の「同意して閲覧する」(注)ボタンをクリックすると番組が閲覧できます。

注:システムの仕様上「同意して閲覧する」と表示されていますが、クリックや閲覧に伴って第三者へ個人情報を提供することはございません。

ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...

news110.jpg

メルカリ調査 フリマアプリで売れる価格は新品の購買意思決定にどれほど影響する?
フリマプリ出品経験者は、フリマアプリでの再販価格が10%上昇すると、新品に支払える上...

news024.jpg

Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向において...