2015年11月25日 12時00分 公開
特集/連載

社運を掛けたクラウド移行、失敗を防ぐお助けツールとは純正ツールだけではハイブリッドクラウドに移行できない?(2/2 ページ)

[Beth Pariseau,TechTarget]
前のページへ 1|2       

サードパーティー製クラウド移行ツールを使用して第1ステップを通過する

 ネイティブツールの限界によって、クラウドの移行に関するサードパーティーのエコシステムが誕生している。米Unitrends、米Racemi、米RiverMeadow Software、米HotLink、Zertoなどが製品やサービスを提供しており、ほとんどがネイティブのインポート/エクスポートツールの限界を克服している。それはつまり、ハイブリッドクラウド管理に対応するベンダーは増えたものの、環境間で移行されないものは依然として存在する。

 ポンセ氏によると、一部のベンダーは移行の問題を十分解決しているという。だが、ネットワークサービスなどを起動する仮想マシンの設定メタデータの問題解決にはまだ時間がかかる。

 「仮想マシンの外部にある仮想マシン用のVMware環境で設定する内容は、それをAWS環境にどう移行するかを考えたときに非常に大きな問題になる」(ポンセ氏)

 米ニュージャージー州ジャージーシティに拠点を構えるAWS向けマネージドホスティングサービスのプロバイダーのDatapipeで自動化とDevOpsを担当しているパトリック・マクローリー氏は次のように語る。「サードパーティー製ツールは、既存の環境を分析して、移行する内容を決定するためによく使用される。だが、このようなツールも見直しが必要だ」

 「大部分のツールには本当に失望している。というのも、いまだに過去のデータセンターテクノロジーを使用しているからだ。データセンターの移行レベルについて考えることは無意味ではない。だが、移行する内容だけでなく、移行方法やその順番まで検討しても意味はない。この分野に関しては、まだ経験に依るところが大きいからだ」(マクローリー氏)

 「ハイブリッドクラウド移行ツールは、オンプレミスクラウドベースのリソースとパブリッククラウドベースのリソースの間にある根本的な不整合には必ずしも対応していない」とマクローリー氏は指摘する。例えば、米Microsoftの「SharePoint」をVMwareからAWSに移行することは、最新のツールを使用しても困難だ。

 「AWS環境のWindowsマシンにSharePointを移行して『RDS(Relational Database Service)』を使用したいが、SharePointはマスターデータベースにアクセスする必要がある。そのためRDSは使用できず、独自のSQL Serverデータベースクラスタを構築しなければならない」とマクローリー氏は話す。

 こうした理由から、ハイブリッドクラウドでワークロードをスムーズに移行するという考えは、最先端を行くハイブリッドクラウドユーザーにとってもいまだに夢物語である。vSphereプライベートクラウドとAWSパブリッククラウドの混在環境では、特にそうだろう。

 これは、米FlightStatsのプラットフォームエンジニアリングの統括責任者であるアレックス・ウィザースプーン氏が今までの苦労から学んだことだ。同社は米オレゴン州ポートランドに位置し、VMwareとAWSの両方をベースにした大規模なハイブリッド環境を利用して、航空情報のグローバルデータサービスを提供している。

 「任意のVMwareのイメージをAWSに移行する場合、突き詰めるとAWS向けに設計されていないものをAWS環境に投入することになる。そのため、完全な統合にはほど遠い状態だ。Amazonの『Identity and Access Management』のセキュリティは若干怪しい。ストレージでさえデータをレプリケートして、それが機能することを期待しているのだ」(ウィザースプーン氏)

 FlightStatsは高性能のハードウェアを選んで調整できるオンプレミスのVMware環境に備わっている制御機能を好んで使用している。そして、データ処理の大半はAWSパブリッククラウドの外で実行している。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...