2015年11月25日 12時00分 公開
特集/連載

純正ツールだけではハイブリッドクラウドに移行できない?社運を掛けたクラウド移行、失敗を防ぐお助けツールとは (1/2)

ハイブリッドクラウドインフラを構成する最初のステップはクラウドへの移行である。だが、ここで問題が発生することが少なくない。

[Beth Pariseau,TechTarget]

関連キーワード

VMware vSphere | Amazon Web Services | Amazon EC2


ハイブリッドクラウドの構成例《クリックで拡大》

 ネイティブのツールやサードパーティー製ツールにおける最近の技術的な進歩にも関わらず、ハイブリッドクラウド移行の問題によってプロジェクトが開始前に中止になる場合がある。

 オンプレミスの機器からパブリッククラウドにデータやアプリケーションを移行し、時にはその後またオンプレミスに戻すツールは2013年以降多くの注目を集めている。これらのツールは、米Amazonと米VMwareが大部分の開発リソースを集中させたハイブリッドクラウド管理という領域を構成している。

 そのため、VMwareの「vSphere」仮想マシンをAWSにインポートするネイティブツールが提供されている。その1つはAmazonの「AWS Management Portal for vCenter」だ。このツールを使用すると、vSphereの管理インタフェースからAWS環境の一部を管理できる。AWSへの仮想マシンの移行はサポートしているが、AWSのガイドラインには制限事項が明記されている。例えば、このツールでは複数のディスクを持つ仮想マシンはインポートできない。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news110.jpg

マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞...

news143.jpg

Accenture調査から見えた2020年の5つのテクノロジートレンド
「テック・クラッシュ」を乗り切るにはどうすればいいのか。AccentureのCEOおよびCTOの記...