2016年01月13日 08時00分 公開
特集/連載

「iPad Pro」アプリはどうなる? AppleとIBMの“iOS提携”に目を輝かせる人々ビジネスユーザー開拓は次のステージへ

米IBMは米Appleとの提携の1つの成果として、iPhoneとiPad向けのビジネスアプリが100本に到達したと発表した。Appleはますます法人分野への注力を示し、IBMは次の展開にiPad Pro専用のアプリ開発を進めている。

[Ramin Edmond,TechTarget]
関連画像

 2015年12月には、米Appleと米IBMの提携を通じて48本のiOS専用「MobileFirst for iOS」アプリがリリースされた。いずれもパワフルな分析機能を備えた使いやすいビジネスツールとして設計されている。

 IBMは2014年に次のように表明していた。職場でiPhoneとiPadを有効活用してもらうためのエンタープライズ向けiOSアプリを2015年末までに展開する、そしてこのパートナーシップに基づき、IBMとAppleは100本のiOSアプリを、医療、観光、小売り、金融など14業種と65の職種向けに共同開発する、と。

ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

NECが取り組む営業のデジタルシフト 「会えば何かが起こる」から「先に課題を提示できる」営業へ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴い企業活動の在り方も大きな変更を迫られ...

news137.jpg

「メディアの伝えることの信頼性が気になった」65.1%――博報堂DYメディアパートナーズ調査
「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」の結果から見えてきた3つのこととは。

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...