生まれ変わった「Skype for Business」が導く“未来のユニファイドコミュニケーション”特選プレミアムコンテンツガイド

Microsoftは2015年4月、企業向けUC基盤「Microsoft Lync」の製品名を「Microsoft Skype for Business」に変更した。変更の意図とは。また、今後実現しようとしていることとは。

2016年04月15日 12時00分 公開
[TechTargetジャパン]
生まれ変わった「Skype for Business」が導く“未来のユニファイドコミュニケーション”

 Microsoftは、2015年4月に企業向けユニファイドコミュニケーション基盤「Microsoft Lync」の製品名を「Microsoft Skype for Business」に変更した。Skype for Businessに変わったことで、名称変更の意図やLyncからSkype for Businessへの移行方法、既存/検討中の企業に与える影響など、さまざまな疑問が浮かんでくる。

 また、ブランド再構築の一部として、オフィススイートである「Office 365」のサービスにおいて、オンプレミスサーバを用いない企業向け電話サービスを提供する計画も発表した。これにより、会社全体の電話を全てSkype for Business Onlineに統一できるようになる。

 本稿では、Skype for Businessの名称変更で起きる影響や、Microsoftによる狙いを紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...