2016年04月15日 12時00分 公開
特集/連載

生まれ変わった「Skype for Business」が導く“未来のユニファイドコミュニケーション”特選プレミアムコンテンツガイド

Microsoftは2015年4月、企業向けUC基盤「Microsoft Lync」の製品名を「Microsoft Skype for Business」に変更した。変更の意図とは。また、今後実現しようとしていることとは。

[TechTargetジャパン]
生まれ変わった「Skype for Business」が導く“未来のユニファイドコミュニケーション”

 Microsoftは、2015年4月に企業向けユニファイドコミュニケーション基盤「Microsoft Lync」の製品名を「Microsoft Skype for Business」に変更した。Skype for Businessに変わったことで、名称変更の意図やLyncからSkype for Businessへの移行方法、既存/検討中の企業に与える影響など、さまざまな疑問が浮かんでくる。

 また、ブランド再構築の一部として、オフィススイートである「Office 365」のサービスにおいて、オンプレミスサーバを用いない企業向け電話サービスを提供する計画も発表した。これにより、会社全体の電話を全てSkype for Business Onlineに統一できるようになる。

 本稿では、Skype for Businessの名称変更で起きる影響や、Microsoftによる狙いを紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。