2016年06月20日 07時00分 公開
特集/連載

「Apple Watch」の本気はこれから 今からでも買いたくなる“意外な使い道”とは次期OS登場でビジネスユーザーを取り込むか

「iPhone」「iPad」と比べると万人受けしたとは言いがたい「Apple Watch」。だが仕事用デバイスとしてApple Watchを捉え直すと、その評価が変わるかもしれない。

[Eddie Lockhart,TechTarget]

関連キーワード

Apple | Apple Watch | iPad | iPhone | スマートウオッチ


Apple Watch Apple Watchの意外な用途を紹介(出典: Apple)《クリックで拡大》

 Appleがスマートウォッチ市場に参入したときには大きな注目を集めた。それは当然のことだろう。Appleはいつも一番に新しい製品を市場に送り出してきたわけではない。だがAppleが新たな市場に参入するときには、その市場の流れを作ってきた実績を持っている。例えばスマートフォンの「iPhone」とタブレットの「iPad」を見てみると、そのことが分かるだろう。

 2015年に発売されたApple Watchは、競合製品と比べて洗練された構造と多くの機能が備える。だが誰もが飛び付く商品にはならなかった。その結果iPadとiPhoneがリリースされたときと同様、Apple Watchが仕事で使える製品なのかどうか、多くの人が今でも疑問に思っている。

 本稿で紹介するApple Watchの長所と短所を比較して、仕事で使えるかどうかをご自分で判断してほしい。

便利な機能「グランス」

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

カスタマーサクセスを成功(サクセス)させる「日本型テックタッチ」とは?
カスタマーサクセスにおいて、より多くの顧客に効率よく情報を届ける上で特に重要になる...

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...