2016年06月20日 07時00分 公開
特集/連載

「Apple Watch」の本気はこれから 今からでも買いたくなる“意外な使い道”とは次期OS登場でビジネスユーザーを取り込むか

「iPhone」「iPad」と比べると万人受けしたとは言いがたい「Apple Watch」。だが仕事用デバイスとしてApple Watchを捉え直すと、その評価が変わるかもしれない。

[Eddie Lockhart,TechTarget]

関連キーワード

Apple | Apple Watch | iPad | iPhone | スマートウオッチ


Apple Watch Apple Watchの意外な用途を紹介(出典: Apple)《クリックで拡大》

 Appleがスマートウォッチ市場に参入したときには大きな注目を集めた。それは当然のことだろう。Appleはいつも一番に新しい製品を市場に送り出してきたわけではない。だがAppleが新たな市場に参入するときには、その市場の流れを作ってきた実績を持っている。例えばスマートフォンの「iPhone」とタブレットの「iPad」を見てみると、そのことが分かるだろう。

 2015年に発売されたApple Watchは、競合製品と比べて洗練された構造と多くの機能が備える。だが誰もが飛び付く商品にはならなかった。その結果iPadとiPhoneがリリースされたときと同様、Apple Watchが仕事で使える製品なのかどうか、多くの人が今でも疑問に思っている。

 本稿で紹介するApple Watchの長所と短所を比較して、仕事で使えるかどうかをご自分で判断してほしい。

便利な機能「グランス」

ITmedia マーケティング新着記事

news140.jpg

ゴールデンウイークの消費「かなり減った」が過半数――モニタス調査
2020年のゴールデンウイークにおける消費の実態調査です。

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...