2016年08月25日 08時00分 公開
特集/連載

あらゆる用途にマッチする魔法のブロックチェーンは存在しないさまざまなブロックチェーンに触れよ

ブロックチェーン技術が持つ特性は、さまざまな分野で応用されつつある。しかし、ブロックチェーン技術は1つではない。自社に必要なブロックチェーン技術を見つけるにはどうしたらよいのか。

[Martin Kuppinger,Computer Weekly]

 今後数年のうちに、何らかの形でブロックチェーン技術の大規模な開発が行われる可能性が高い。

Computer Weekly日本語版 8月24日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 8月24日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

  • データの不正操作を許さない
  • タイムスタンプによってデータ構造を分散配置する
  • 複製可能なトランザクションをチェーン化および暗号化したブロックに格納する

などの基本的な構想は、間違いなくテスト段階に入っている。

 ただし、ブロックチェーンは1つ作ればそれで問題が全て解決するわけではない。このテクノロジーもまた、実務の必要性から進化を続けている。従って疑問なのは、ブロックチェーンは本当に事業運営上の問題の解決に役立つのか。もしそうだとしたら、どのバージョンでそれが実現できるのかということだ。ブロックチェーンは明らかに、万能のソリューションではない。

 ブロックチェーンは、自動的に発効する契約(self-executing agreements)に依存する、さまざまなタイプのトランザクションが発生するという特質を持つユースケースには理想的とされている。この「自動的に発効する契約」はまた、前途有望とされる金融、保険、医療、モノのインターネット(IoT)などの分野の成長を促す要因の1つでもある。

 さまざまな種類のブロックチェーンが、さまざまな数学的合意のメカニズムを展開し、各トランザクションを検証する。この仕組みによって台帳の整合性を維持し、監査可能なだけでなく不変の性質を持つレコードを作成する。仮にブロックチェーンを破綻させようとしても、その試みは失敗する。なぜなら、

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...