2016年08月30日 07時00分 公開
特集/連載

「Windows 10は遅い」と感じたらすぐ試したい無料のパフォーマンス改善策4選SSDの空き容量確保だけではない

「Windows 10」のパフォーマンスを改善したい場合は、ソリッドステートドライブ(SSD)の空き領域を増やしたり、実行中のプロセスを「タスクマネージャー」で確認したりするなど、試すべき幾つかの方法がある。

[Brien Posey,TechTarget]
Windows 10 日本マイクロソフトのWindows 10紹介サイト《クリックで拡大》

 「Windows 10」が遅いと感じる場合、その原因はハードウェアやデバイスドライバ、またはシステムで実行中のプロセスに潜んでいる可能性がある。

 1つ目は、Windows 10マシンでソリッドステートドライブ(SSD)を使っている場合、まずその空き領域を確認することだ。SSDの空き領域が不足しているとパフォーマンスは低下する。使用領域を解放して空き容量を増やすだけでもパフォーマンスの改善に役立つ。ただし、すぐに結果が出るとは限らない。

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...

news078.jpg

新規事業の実態 最重要KPI「100%以上達成」は約2割――クニエ調査
新規事業の「最重要KPI」「スケジュール遅延」「開発規模」の結果に対して、その要因とな...

news056.jpg

福田康隆氏、NEC東海林直子氏らが語る営業のデジタルシフト まずどこから始めればいい?
お客さまに会って課題を与えてもらうスタイルから、営業自身が課題を先に探して提示する...