2016年09月25日 07時00分 公開
特集/連載

徹底レビュー:安価で手軽に仮想現実世界を体験、Samsung「Gear VR」2016年モデル「Galaxy」シリーズの多くと互換性を確保(1/2 ページ)

Samsung Electronics「Gear VR」の2016年版では「Galaxy」シリーズの多くと互換性が確保された。スマートフォンと接続するだけで本格的な仮想現実(VR)体験ができる新型ヘッドセットの実力に迫る。

[Brighthand Staff,TechTarget]

 Samsung Electronicsは「Galaxy Note7」と合わせて、仮想現実(VR)ヘッドセット「Gear VR」の改良版をリリースした。とはいえ、新しいGear VRに大きな変更はない。もちろん、新たにUSB Type-C端子が用意され、Samsungの最新の主力機種に対応できるようになった。しかし、付属品としてmicroUSBアダプターも用意されているので、Samsungの「Galaxy Note7」「Galaxy S7」「Galaxy S7 Edge」「Galaxy S6」「Galaxy S6 Edge」「Galaxy S6 Edge Plus」「Galaxy Note5」など、「Galaxy」シリーズの多くと互換性が確保されている。

 しかし、新型Gear VRは旧型と完全に同じわけではない。快適に使えるよう、デザインには変更が加えられた。また、以前Gear VRのアプリケーションをレビューしたときよりも、Oculusのエコシステムがさらに強力になっている。

 新型Gear VRでの仮想現実体験に価値はあるだろうか。本稿ではそれを検証する。

構造とデザイン

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...