2016年10月04日 09時00分 公開
特集/連載

筑波大生が「奥歯をかむとズームするスコープ」で世界の学生と勝負、気になる結果は?「2016 Imagine Cup World Finals」レポート(1/3 ページ)

Microsoftが毎年開催する世界最大の学生向けITコンテスト「Imagine Cup」。日本からは筑波大学の学生が参加した、2016年の世界大会の様子をレポートする。

[神谷加代,著]
写真 写真1 大会最終日の最終決勝の舞台となった米シアトルのGarfield High Schoolで記念撮影する、2016 Imagine Cup World Finals参加者。35カ国の学生が参加した《クリックで拡大》

 Microsoftは2016年7月27日〜29日(米現地時間)の3日間、米国シアトルの本社で世界最大の学生向けITコンテスト「2016 Imagine Cup World Finals」を開催した(写真1)。2016年で14回目を迎えた同コンテストには、世界35カ国から自国の国内予選を勝ち抜いた学生チームが集結。ワールドチャンピオンを目指して熱い闘いを繰り広げた。

 Imagine Cupは、国際競争力のあるIT人材育成を目指して、Microsoftが開催する年次コンテストだ。参加した学生はこの10年で、のべ世界190カ国165万人以上にもなり、まさに世界最大の学生ITコンテストだといえる。日本国内においても毎年、日本マイクロソフトがImagine Cupの国内予選を実施しており、2016年は、視覚拡張ウェアラブルデバイスを開発した筑波大学のチーム「Biomachine Industrial」が日本代表に選ばれた。

 STEM(Science、Technology、Engineering、Mathematics)教育がグローバルで盛り上がりを見せる中、世界中からITスキルの高い学生が一堂に集まるImagine Cupは、これからの人材育成やプログラミング教育を考えるうえで新たな視点や価値観を見つける機会だ。世界最大の学生ITコンテストImagine Cupとはどのようなものなのか。どのような学生が集まり、彼ら彼女らは何を語るのか。現地を取材した様子をレポートする。

ビル・ゲイツ氏発案の学生ITコンテストImagine Cup

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...