2017年01月27日 08時00分 公開
特集/連載

IoTが可能にする“SF的世界”、実現の近道はオープンソース活用5つの理由を明示(1/2 ページ)

オープンソースによって、IoTの普及が加速する可能性がある。その理由を5つの要因から考える。

[James Kirkland,TechTarget]
オープンソースを活用することでIoTはどのように発展するのだろうか《クリックで拡大》

 私はオープンソースソフトウェアとその協業型開発の成果としてのイノベーションに期待している。そして未来のIoTに対してオープンソースがどのような貢献をするかに強い関心を抱いている。さらにいえば、オープンソースの手法を採用したことが、IoTの普及拡大や認知度の向上、早い段階での具体的成果につながったと私は考えている。

 各種のオープンソースプロジェクトと成熟したオープンスタンダードから生まれた通信プロトコルにより、さまざまデバイスがネットワークの境界を超えて通信し、データの読み取りや分類、分析、操作などを実行することが容易になった。人々が考えているSFの世界の事柄が、意外と早く実現するかもしれない。

 以下の5つの要因によって、オープンソースがIoTの普及を促進する可能性がある。

  • 相互運用性
  • イノベーション
  • 商品化までの時間短縮
  • 透明性
  • 拡張性

相互運用性

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...